料理

料理が苦手でも失敗しない!時短にもなるSiroca電気圧力鍋のススメ

おはようございます、関口晶子です。

夕飯作り。できれば簡単に美味しく作りたいですよね? 

夕方はただでさえ忙しいのに、料理が苦手・好きじゃない!!

そんな方にとっては、夕飯作りは苦行かもしれませんね。

私も料理が大の苦手!そして大嫌い。

なおかつ夕方は子どもの習い事の送迎などがあり、毎日バッタバタです。

少しでも夕飯作りをラクに簡単に、そして美味しく作りたいという思いから、sirocaの電気圧力鍋を購入しました。

本日は私がなぜ「sirocaの電気圧力鍋」を選んだのか、そしてオススメのメニューをご紹介しますね!

選んだポイント① お手頃価格!!

忙しい夕方。家にいない時間も多いので、「その間に勝手に料理をしてほしい!」という思いから、最初はシャープの「ヘルシオ ホットクック」かティファールの「クックフォーミー」を購入するつもりでした。

ただ、こちらの商品、3万円以上するのです。 

もちろんそれだけの価値がある便利な商品だと思いますが、自分がどれぐらいの頻度で使用するのか、そして使いこなせるのかが分からなかったで、3万円以上のお金を出すのには抵抗がありました。

そこで、ホットクックのような自動でかき混ぜもしてくれる自動調理鍋ではなく、電気圧力鍋にすることにしました。 

電気圧力鍋も材料を入れて圧力時間をセットすれば、ほったらかしでも美味しく蒸したり煮込んだりしてくれます。

  • 手を掛けずにほったらかし
  • 火加減などを気にしなくていい

そこをクリアできれば十分だったので、高価な自動調理鍋を買うより現実的でした。 

電気圧力鍋であれば、amazomなどを利用すると1万円代で購入できる商品がたくさんあります!!

電気圧力鍋にシフトチェンジし、数ある電気圧力鍋からsirocaを選んだ訳ですが、最大の決め手は「デザイン」「大きさ」でした。

選んだポイント② 小型で無駄のないデザイン!

電気圧力鍋。

様々なメーカーから発売されていますが、我が家には購入条件がありました。

それは、本体のサイズが小型でデザインがシンプルなこと。 

どうしてそんな条件があったのかいうと「置く場所」に関係しています。 

新しい調理家電を購入する時必ず、置く場所・仕舞う場所を確保してから購入しています。

買ってから「置く場所がなかった・・・」そんな事態にならないようにするためです。

そして今回電気圧力鍋を置く場所として確保できたのが、キッチン後ろのパントリー内でした。

この場所はオーブンレンジやトースター・炊飯器が置いてある、調理家電エリアです。

すでに最上段にホームベーカーリーがあったので、その横におけるサイズ。

そして、そのホームベーカリーのデザインに寄せたシンプルな色。

プラス、購入に負担のない金額。

この全ての条件を満たしたのが、sirocaの電気圧力鍋でした。

(その後購入した左のアイスコーヒーメーカーも、この幅に入るもの・シンプルなデザインを条件に購入しました)

ちなみに、私が購入したsirocaの電気圧力鍋のサイズは、幅22×奥行23.8×高さ24.9cm。

電気圧力鍋の中でも小型な方です。

小型ということは一度に作れる量も少なめで調理容量は1.3L。

ですが、食の細めの我が家には多く作る必要がなかったので、この容量で問題なし! 

サイズも調理容量も値段(1万5千円ほどで購入)・デザインとも満足のいく結果となりました。

選んだポイント③料理下手でも使いこなせる!

前述の通り、私は料理が大の苦手!!

そんな私でも、絶対失敗しないメニューをご紹介します! 

電気圧力鍋といえば、カレーやシチューなどによく利用されますが、私は味付け・火加減・手間ひまのかかる煮物料理にこそ多用しています。

よく作るのはこちら 。

【肉どうふ】 

お豆腐に味がしみてお肉やネギがトロトロでとても美味しいんです!

作り方ももちろん簡単!

具材を切って、味付けした出汁と一緒に入れるだけ。

ものの数分後には・・・

 安定の味の肉どうふができます。 

この他、コンロでは火を使った料理を作っている間に、切り干し大根やひじきをほったらかしで作ることができるので、副菜は手間いらず。

もう一品!そんな時にとっても便利です。

こちらは、鶏肉と卵のさっぱり煮

作りたても美味しいのですが、煮物は一度容器に出して冷ましてから頂くとより味が染みて美味しくなります! 

なので、お昼の時間帯に家事やPC仕事の合間に作って夕飯まで冷ますことも。

もちろん手間いらずなので、家事・仕事の時間をさほど割かずに済む!

隙間時間を有効活用することができるのも嬉しいポイントです! 

如何でしたでしょうか?

料理が苦手で手際も悪く、一生懸命作っても一品が限界。

しかも、味が薄かったり濃かったり・・・・特に、火加減の調整が難しい! 

そんな料理が苦手な私が、手間を掛けず、安定した味付けのできるsirocaの電気圧力鍋。

忙しい方はもちろん、料理が苦手で「ストレスを少しでも減らしたい」という方にとってもオススメです。

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように!

商品情報:Siroca 電気圧力鍋


次回は7月25日、【もう炊飯器には戻れない!土鍋ご飯の魅力】をお届けいたします。

料理が苦手でも、家族を喜ばせるアイディアはまだまだあります!

次回は、ちょっと憧れの「土鍋炊飯」について。

使ってみたいけど、なんだか難しそう…そんな不安や土鍋炊飯の疑問を、土鍋炊飯歴7年のスタッフが解決いたします。

お楽しみに!


関口 晶子

家づくりの次にある貴方らしい暮らしに着目し、「設計事務所のお片づけ」をご提案。
すっきりとシンプルな空間づくりと、見えすぎないロジックな収納づくりを得意としている。

ブログ:楽家図鑑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
ペンの書き心地へのこ…