料理

寝坊しても安心してください!15分で完成できるお弁当があります。

おはようございます、鈴木裕子です。

この春から、お弁当作りをスタートする方もいらっしゃるのではないでしょうか。お弁当は、手早く彩り豊かに作りたいので、作り置きのおかずが何品か冷蔵庫にあれば楽チンだとはわかっているのですが、いつも準備万端とはいかないですよね。

そんな時でもパパッと短時間で作れるレパートリーがあれば安心です。そこで今日は、時間のない朝の強い味方になってくれ、食べ盛りの子どもたちも満足できるお弁当メニューをご紹介いたします。みなさんおなじみの、とっても簡単でコストもあまりかからないあのメニューです!

■のり弁ならいつものおかずをのっけるだけ!

白いご飯に海苔の組み合わせ。嫌いな人はいないのでは?と思うほど、みんな大好きですよね。海苔が主役ののり弁は、お弁当屋さんで昔から人気のメニューです。

のり弁と言えば、磯辺揚げ。それに白身魚のフライもあると完璧ですが、時間がない朝は焼き鮭で十分!

焼き鮭のっけのり弁の段取りはこんな感じです。

  1. 鮭をグリルで焼く
  2. 磯辺揚げ用の油を火にかける
  3. 卵焼きを作る
  4. 磯辺揚げを揚げる
  5. ご飯とおかかと海苔を段々に重ねて二段海苔重にする
  6. 海苔ごはんの上に、焼き鮭・磯辺揚げ・卵焼きをのっける



この時、海苔はできるだけ小さくちぎって敷き詰めると、海苔が一気に剥がれるという悲しい思いをせずにすみます(笑)。我が家は、もみ海苔を使っています。



ちくわ自体はそのままでも食べられる食品なので、衣を揚げ焼きにする程度で揚げ時間は少しでOK。



あれば前夜の野菜のおかずものっければ、盛り盛りのり弁が15分で完成です!

鮭がなくても、ウインナーやスパム、お惣菜のコロッケなど、海苔にのせればなんでも美味しいはず!淡白な海苔はどんなおかずとも相性抜群です。

■そぼろ弁当は無限大に味変可能!

見た目がカラフルで、冷めても美味しいそぼろご飯もお弁当にぴったりですよね。

ひき肉のそぼろと炒り卵に、グリーンが鮮やかなさやいんげんやほうれん草を合わせれば、あっという間に3食そぼろ弁当が完成!

短時間で失敗なく作れるので、寝坊した時も献立に困った時も安心なお助けメニューです。

ただ、毎回同じ甘辛な味付けでは飽きてしまうので、メインのひき肉の味付けを変化させるのはいかがでしょうか。

  • ドライカレー風肉そぼろ(カレー粉、ケチャップ、ソース)
  • 中華風肉そぼろ(ごま油、ニンニク、生姜、甜麺醤、醤油)
  • ガパオライス風肉そぼろ(ニンニク、ナンプラー、オイスターソース、砂糖)

他にも、塩味肉そぼろ、焼肉のタレ味肉そぼろ、、と家族の好みに合わせて、様々に変えることができますね。

そして、冷蔵庫にひき肉がなくても大丈夫!そぼろはひき肉だけではありません。

保存食品としてストックしてあるツナ缶を砂糖、みりん、醤油で炒りつければツナそぼろが完成。ツナそぼろだって、いくらでも味を変えられますし、炒り卵も同様です。

彩りとなるさやいんげんやほうれん草も、胡麻和え、おかか和え、マヨネーズポン酢和え、梅和え風、バターソテー、などなど無限大に味変が可能!



ポロポロと食べにくいそぼろ弁当には、スプーンを付けるのをお忘れなく!

麺ならちゃちゃっと炒めるだけ!

さて、ご飯を炊き忘れてしまった朝はどうしましょう?

そんな時は、麺を主役にするという裏技があるんです。買い置きしてある麺で、炒めるだけの焼きそばや焼きうどん弁当にしましょう!

具材の肉と野菜を薄くカットすれば、すぐに火が通り時間短縮に。



また、先日関口が紹介していた冷凍ひき肉とカット野菜を使う焼きそば作りもオススメ!

『もう一品を楽々に!失敗なしの時短料理アイテムで夕食作りをストレスフリーに。』

そうそう、麺はお弁当に入れると麺同士がくっついて食べにくいイメージがあるかもしれませんが、くっつかないようにするコツがあるんです!

  • 中華麺も冷蔵うどんも、炒める前にお湯でぬめりを洗いながらしっかりほぐす。
  • 炒め終わりに、ごま油などの油を軽く回しかけて和えておく。

たったこれだけで、お昼もツルツルっと美味しくいただけますよ。

具沢山の麺料理に目玉焼きを載せれば、一品でもボリューム満点のお弁当になります。目玉焼きは、両面焼きにすると中まで火が通るのでお弁当に入れるのに安心です。

お弁当作りは、毎朝続けることだけでも大変です。朝の頭が回らない時でも簡単に作れてしまうメニューを取り入れて、お弁当作りのハードルを下げられると良いですね。

春休み中のお子さんの置き弁作りにもご活用いただけると嬉しいです。

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように!


次回は3月26日、【暮らしに合わせたアロマディフューザー選び】をお届けいたします。
手軽に心地よい香りを広げてくれるアロマディフューザー。その種類は様々で、どんなものを使っていいのか悩むところ。そこで次回は、アロマディフューザーの種類と特徴、暮らしに合わせたオススメをご紹介いたします。
お楽しみに!


鈴木 裕子

「暮らしをスリムにする仕組みづくり」で、毎日自分にゆとりをもたらすサポートが得意。
プチプラを中心とした着こなしは、誰でも取り入れやすく、スタイルアップして見えると人気!

ブログ:くらしスリム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
柔らかな雰囲気が魅力…