ファッション

夏を楽しむ和style

 おはようございます!こせき みほです。 

今年はあの浴衣とあの帯を締めて・・・と浴衣コーデにワクワクする時期がやってきました!! 

お祭り以外でも、子どもと一緒に出かけるときも、浴衣を着れます!そんなママ浴衣についてご紹介します。 

●浴衣を着る時期 

かつての浴衣とは、本来湯上りに身につける部屋着であり、現代でいうところのパジャマとしての用途が主でした。 

しかし今では、「和」を楽しむ夏のおしゃれアイテムの一つであり、特に女性用の浴衣には、柄や色にも華やかなものがたくさん揃っています。だからもちろん、昼間に着て全然大丈夫! 

浴衣を着る季節は7・8月がメインですが、今は5月でも30℃越えの日もあるので、私は6月から9月まで着用します。 

唯一気をつける点は、9月になったら朝顔や花火の柄は着ないようにしています。 

着物は「ちょっと先取り」がおしゃれ上級者という世界。花柄ではない浴衣を選ぶと長い期間が活躍させることができるんです。 

ちょっとそこまでのお買い物に、友達とランチに、浴衣を着るだけで気分も変わって、仕草にも気をつけるようになったりして、毎日ちょっと刺激がうまれますよ。 

●下着は? 

浴衣の場合は着物の下にある白い衿(半衿)が無くてもよいので、ユニクロ等の胸元が開いている袖付きアンダーウエアとスリップ等で対応可能です。 

ステテコタイプは足の間の汗もとってくれるので快適。お手洗いの時は上げ下げ必要。 

ペチコートタイプはお手洗いが楽。足の間の汗は取ってくれない。 

とそれぞれメリット・デメリットがあります。まずはお手持ちの方で試してみてくださいね! 

ボトムスは膝下あたりまでは長さがあるものがオススメです。淡色の場合、意外と後ろ姿に下着のラインがうつってしまうことも! 

鏡や写真にとってもらって後ろ姿チェックも忘れずに。 

●足元は? 

下駄や草履・・・ももちろんありですが、ビーチサンダルや、スリッポン、スニーカー、フラットパンプスをお供にしてもいいですよ~!ワンピース感覚で合わせてみてくださいね✨ 

私は冷えが気になるので、草履の時もレース足袋を履いています。 



●帯は? 

帯は半幅帯(はんはばおび)や兵児帯(へこおび)で! 

結び方も簡単なものも多く、なにより帯を占めるための小道具がほとんど不要。洗濯バサミがあると結びやすいですよ。インスタで簡単な結び方を紹介している先生もたくさんいらっしゃいます。 

●鞄は? 

帯の形を平らに仕上がる結び方にするだけで、リュックやショルダーバックも使えちゃいます!!子連れだと手持ちバッグは動きにくいことも多いので助かります。 

着終わったら、ハンガーに干して汗を飛ばして、何度か着たら自分で洗濯またはクリーニングへ。私はアイロンが苦手なので、クリーニングに出しちゃってます。浴衣だけならそんなにメンテナンス代もかかりません。 

そろそろ夏祭りなどが再開されるところも多いのでないでしょうか? 今年はお祭りだけでなく、普段から浴衣を活躍させてみませんか? 

着付けについては、こちら↓もご参考に! 

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように! 


こせき みほ

子育て真っ盛り!面倒くさがりだからこその時短家事アイディアが豊富。アドラー心理学の勇気づけ講座も開催中。

ブログ:お互い尊重し合う親子関係整えます✨アドラー心理学勇気づけ講師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
夏本番。やっぱり冷た…