暮らし

寒さに負けない!気軽に始められる3つの冷え対策

おはようございます、鈴木裕子です。

一年で寒さが一番厳しい大寒を真近に控え、朝晩だけでなく日中も冷え込む日が続いていますね。

また、感染症対策のための換気で、職場や飲食店での体感温度がどうしても低くなり、今までにない冷えを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

例年以上に冷えを改善して健康に過ごしたいこの冬。免疫力を下げないようにと取り入れている、じんわりあったかい冷え対策をご紹介いたします。

■身体の中を温める朝の白湯習慣

様々な女性の朝習慣を撮影したモーニングルーティン動画。普段は垣間見ることのできないその様子が好きでよく見ています。そこで気づいたのが、多くの方が白湯を飲んでいるということ。

白湯には身体に良い効果があるからなのだろうなと思い、私も朝の白湯を試してみたのですが、残念ながら味が好みではなくどうしても続けられませんでした。

そんな時にレモン果汁を絞ったレモン白湯がダイエットにも効果があると聞いて、レモン味なら、、と試してみたところ、爽やかな酸味が美味しく白湯を飲み続けることができるように!



それまでは特に意識をして水分をとる習慣はなし。朝のお弁当作りや洗濯を済ませ、落ち着いた頃にようやく朝食と一緒に飲むコーヒーが、1日で初めて摂る水分。

日中もコーヒーやお茶を軽く飲む程度で夕方からはアルコールという、明らかに水不足な生活を送っていました。それが、レモン白湯に出会ったことで一日を通して意識して水分を摂れるように!

起きて最初に温かい水分を身体に摂り入れることで、胃の中からホカホカと温まるのを感じられます。また利尿が促進されデトックス効果が高くなった感じがします。

そして、この秋冬は生姜の絞り汁とはちみつを入れたジンジャーハニー白湯を飲んでいます。

血流が良くなり発汗機能があると言われる生姜。そこに、はちみつを加えて飲みやすさをプラス。ホカホカの即効性はレモン白湯以上!二つのフレーバー白湯を積極的に飲むようになったので、コーヒーやお茶が減ってカフェインレスにもつながりました。

■懐かしい腹巻でこっそり冷え対策

換気のため、どこに行っても風通しのよい状況ですよね。この冬はこれまでに比べて厚手のタイツを履いたり、タートルネックを着たりと、冷え対策を念頭にコーディネートしています。

それでも、気づくと身体全体がひんやり。さらに、身体が冷えていると思考も行動も鈍りがちです。

そこで、温めるいいと言われている首、手首、足首の三首に加えて、お腹周りを温める腹巻を追加することに。

子どもの頃、冬のパジャマには腹巻追加が必須ではありませんでしたか?見た目はイマイチでも、お腹周りが温かいのは安心感がありましたよね。

特にお腹周りは大事な内臓が集まっているので、冷やすことは避けたいものです。

日常遣いには薄手タイプの腹巻がおすすめです。薄手なら着膨れ知らず。いつものファッションを楽しみつつも、こっそり体を温められます!ただ、気づくと胸の下までずり上がってしまうこともあるので、ショーツと一体型の腹巻も購入しました。



また最近では、レギンスと一体型の腹巻も見かけますね。ファッションに合わせて腹巻きを選んでみるのも楽しいですね!

■昼も夜も手放せない湯たんぽ

冬はお布団が冷たいせいでしょうか。一晩中身体がこわばった感じがし、疲れが取れにくいと感じていました。温熱効果のある寝具や電気毛布を買おうかと考えていたら、夫が湯たんぽがいいらしいよと勧めてくれました。

ストーブにかけておいたやかんのお湯を、寝る前に湯たんぽに入れてお布団に入ります。



熱すぎない柔らかな温かさで朝までじんわりあったかい湯たんぽ。子どもは「ネコと寝ているようであったかいね」と言ってお気に入りです。

また、湯たんぽは寝る時間以外でも使えるんです。一人で過ごす日中は、ストーブと湯たんぽ一つあれば十分。足先に置いたり、太ももに乗せたり、ソファに座って腰に当てたりと温めたいところにピンポイントで使えるので便利です。

家から持ち出して、車の運転時やオフィスのデスクワーク時にも使えそうですね。

残り湯は洗濯に使用したりと無駄なく使い切る。他の暖房器具と違って、空気も乾燥せず電気代の節約になるのもうれしいですね。

取り入れた三つの冷え対策は、気づくと祖母や母の代からよいと言われていた暮らしの習慣ばかりでした。昔ながらの知恵を受け継ぎながら、じんわり温かく過ごしたいですね。

まだまだ寒さが続くこの季節。冷えがつらい方、免疫力をキープしたいという方の参考になりましたら幸いです。

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように!


鈴木 裕子

「暮らしをスリムにする仕組みづくり」で、毎日自分にゆとりをもたらすサポートが得意。
プチプラを中心とした着こなしは、誰でも取り入れやすく、スタイルアップして見えると人気!

ブログ:くらしスリム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
時間に追われると、つ…