暮らし

忙しくっても!充実感を得られる週末の過ごし方

おはようございます、川井未来です。 

皆さんは休みの日をどんな風に過ごすことが多いですか? スポーツなど思いっきり体を動かす派? それとも、マンガやゲームなど、インドア派? 

私は、元々かなりのインドア派ですが、最近は、子どもの少年野球の練習を見に行ったりなど、 外に出ることも増えました。 

2021-06-01 13:11:16.283000



そんな休日ですが、実は注意しなければいけない過ごし方のポイントがあるんです。 

●よくある「あれ?気づいたらもうこんな時間!」 

待ちに待った休みの日。 活動的に動く人もいれば、のんびりと体を休めたい、という人も。 

私の周りの人達に聞いてみても、映画に行く、カフェ巡りをする、1日寝る、セミナーに参加する、飼い猫と遊ぶ、マンガを読む、など過ごし方は様々でした。 

もちろん、正解の過ごし方はありません。 

働くママたちにとっても、休みの日は、とっても貴重な時間ですよね。 平日には手が回らない家事や、やりたいことで盛りだくさん! 

でも 「休みの日には、アレをしよう、コレをしよう」と思ってたのに、ダラダラしてしまって、気がついたらもう夕方…なんて経験ありませんか? 

そんな時、やってはいけないことがあるというんです。 それは・・・ 

「ああ、今日も1日無駄に過ごしてしまった・・・」とダラダラ過ごした事を後悔すること。 

自律神経の専門家の著書によると、「ダラダラ過ごすこと自体よりも、ダラダラ過ごしたことを後悔し、嫌な気分になること」の方が問題なんだそう。 嫌な気分で1日を終えると、夜の睡眠の質が下がり、翌日のコンディションにも影響するそうです。 

休日に体を休めたはずの時間が、平日に悪影響を与えかねないなんて、なんだかちょっと残念…。 

では、後悔しない休日を過ごすためには、どうすればいいのでしょうか? 

●理想の休日の手に入れ方 

『後悔する』ということは、自分のイメージした理想の過ごし方と、現実にギャップがあるということ。 理想と現実をすり合わせていく必要があります。 

そこで、やる事は、まず頭の中の整理です。 

1:休みの日にやりたい事とやらなければいけないことを書き出してみましょう。 
  • 休みの日に何をして過ごしたいのか。理想の休みを考える。 
  • どうしても、やらないといけないことは何があるか? 
  • 絶対にやりたいことは? 

など、 思いつく事を全部書き出してみましょう。 

2:ゆるい計画を立てる 

①をもとに、ゆるーく、計画を立ててみます。 あくまで、ゆるーく、です。詰め込みすぎに注意!! 

ここまでの頭の整理は、休みの日の前日の夜にやるのがオススメです。 

いつも通りに起床、やらなければならないことから取り掛かる 。やるべきタスクを終わらせてしまいましょう! 

もし、「ゆっくり寝たい」のであれば、お昼寝をする計画を立ててみてください。 

3:やりたいことを1つでもやる 

簡単に出来ることも予定にいれておきましょう。 

人は、自分で決めたことが、計画通りに進んだり、上手くいったりしたときに達成感や充実感を感じるもの。 やりたいことが、思うようにやれたら、充実感もアップするはず!! 

●ダラダラ過ごすも計画のうち 

計画もなにも、休みの日はダラダラしたいんだ!!という方もいますよね。 

そもそも「だらだら」とは、『物事がしまりなく長く続く様子』のこと。 その締まりのなさが、罪悪感や後悔に繋がるのかもしれません。 

そこで、後悔のない週末を過ごすために「午前中はベッドで寝転んで漫画を読む」「おやつを食べながら動画を見て過ごす」と理想の時間を計画してみましょう。 

そうすれば、同じようにダラダラした休日をすごしたとしても、 「計画通りにダラダラした1日をすごした」という達成感を味わうことができます。 

●1日休養、1日教養 



【1日休養、1日教養】という言葉をご存知ですか? 

1965年、日本で最初に週休2日制を取り入れた松下電気産業(現在のパナソニック)の松下幸之助さんの言葉です。 

「事業は人なり。 
 教養がなければいい仕事はできない。 
 しかし普段は忙しく、時間がとれない。 
 だから、一日は休養、そしてもう一日は教養の時間にせよ」 

週休2日制の始まりは、単に休みを2日に増やす、というのではなく、社会をよりよくするために 、自分自身を磨く日を作ろう、というのが目的だったんですね!! 

当時、松下電器産業の労働組合からも「週休1日でも時間がたりないのに週休2日なんて!」と反発もあったそう。 しかし松下幸之助さんは、「教養がなければ、いい仕事はできないし、社会に貢献できない」と【1日休養、1日教養】を唱え、週休2日制が始まりました。 

他の企業が週休2日制を導入し始めたのは、15年後の1980年頃から。 官公庁に導入されたのはさらに後の1992年。割と最近だったんですね。 ちなみに学校が週休2日になったのは2002年からだそうです。 

自分を磨く、といっても、セミナーにいったり、本を読んだり、勉強することばかりではありません。 

美術館や博物館に行ったり、映画館に行くことは、センス磨く事に。 

2021-06-03 00:38:09.305000

カフェ巡りや、美味しいものを食べること、マンガを読むことも、楽しい話題の提供に。 

美容院に行ったりネイルをすることで、気分がアップし笑顔が増えれば、人を楽しい気持ちにさせることにつながるかも。 

やる事を、どんな風に捉えていくのか、というのが、休みを充実させる工夫なのかもしれませんね。 

皆さんは、今度の休みをどのようにすごしますか。 

休養に使う?教養に使う?

 自分で選んで、充実したお休みにしたいですね。 それでは!! 

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように。 


川井 未来

元片づけ下手でちょっとズボラ。だからこそ、どんな人でも”ラクに快適に”暮らせるコツがお伝えできると思っています!

ブログ:https://ameblo.jp/xao1834/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
日仕事や家事、子供と…