暮らし

物を減らすヒント-重曹の使い道あれこれ

おはようございます!ライフオーガナイザーの吉田直子です。 

「なるべく物を減らしたスッキリとした暮らし」。そんなライフスタイルに憧れているけど、なかなかうまくいかない…そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。 

今日の記事では、キッチンやお風呂回りの洗剤を減らすヒントをお届けします。 

■キッチンやお風呂の洗剤、何種類持っていますか? 

キッチンやお風呂など、水回りの掃除に使う洗剤やスプレーにはたくさんの種類があります。 

キッチンには、ガスコンロ用、シンク用、 お鍋の焦げ取り洗剤、生ごみの臭いを抑えるためのスプレー…。 浴室には、浴槽を洗うための洗剤、カビ取り洗剤…。 

どれもあると便利ですが、すべてを収納するとなるとかなり場所を取ってしまいます。 また洗剤の種類が多い分、在庫管理にも一苦労。使い切ったときに「早く〇〇の洗剤を買わなくちゃ!」と焦ることが増えますよね。 

photo by unsplash crystal-de-passille-chabot

■重宝するのは重曹! 

あれこれ専用洗剤を持つのをやめたいのならば、重曹がおすすめ! 

化学製品を使わず、自然由来の重曹を使用したナチュラルクリーニングは環境に優しく、使い手にも負担が少ないのが嬉しいところ。間違って口にしてしまった場合も、化学薬品を使用した洗剤よりも危険性が少ないので、小さなお子様やペットがいるお宅にもおすすめです。 

そんな重曹を実際に使用して、手間がなく効果を実感している使い道をご紹介します。 

▶︎お鍋の焦げ取り 

うっかりお鍋を焦がしてしまうこと、ありますよね。 

専用の洗剤で洗うときれいにはなるのですが、個人的にはあのきつい香りが苦手。でも重曹なら無臭で、安心して使用できます。 

焦げを取りたい時は、以下のような手順でお鍋を洗っています。 

  1. お鍋に水1リットル、大さじ1杯の重曹を入れる 
  2. 弱火で加熱し、沸騰後10分ほど加熱する 
  3. 火を止めて、一晩おく 
  4. しっかりとお湯が冷めていることを確認し、スポンジで焦げを落とす 
  5. 普段通りに洗う 

※アルミニウムのお鍋やテフロン加工されたお鍋にはこの方法は向かないので注意してください。 

▶︎生ごみの臭い取り 

暑い季節に気になるのが、生ごみの臭い。 

以前は生ごみの臭いを抑えるスプレーを使っていましたが、そのスプレーの香りと生ごみの臭いが混ざってますます臭く感じるのが悩みでした。 

そんな時も、重曹が大活躍。我が家の場合は、ごみ箱に捨てた生ごみの上に重曹を振りかけ、さらに古新聞を重ねて蓋を。そうすることでほとんど臭いが気にならなくなります。この方法は手間がかからないのでおすすめです。 

photo by unsplash alyson-mcphee
▶︎下着の臭い取り 

女性のみなさん、生理の時はどのような下着をお使いですか?私は、多い日以外は経血を吸収してくれる、生理用ナプキン不要のショーツを履いています。 

生理用ナプキンと比べて漏れにくく蒸れにくいので気に入っているのですが、使用したショーツは手洗いする必要があります。 

その時にも重曹は役に立ちます。ショーツを水で洗ったあと重曹を溶かした水に付けておくと、経血の臭いをほとんど取ることができます。 

その後、洗濯洗剤につけておき普通通りに洗濯すれば、しっかりと汚れと臭いが取れています。 

photo by unsplash no-revisions)
▶︎浴槽の掃除 

3年ほど前から毎日続けているのがこれ。 

スプレーボトルに水100mlに対し小さじ1杯の重曹を入れ、よく振ります。出来上がった重曹水を浴槽に吹きかけてスポンジでこすり、20分ほどおきます。 

その後、シャワーで重曹水を流せばOK。お風呂用の洗剤は香りが強いものが多く苦手だったのですが、重曹水を使えばまったくそれが気になりません。 

浴槽に溜まりやすい皮脂汚れや水垢は、アルカリ性の重曹と相性がいい様です。 

photo by unsplash steven-ungermann
【番外編】子どもとバスボム作り 

最近、我が家の3歳の娘がハマっているのがバスボム。寒くて公園に連れて行くのが億劫な日に、重曹を使ってバスボムを作ってみました。 

●材料 
重曹:大さじ4 
クエン酸:大さじ2 
片栗粉:大さじ2 
水:少々(スプレーボトルに入れたもの) 

●道具 
ジップロックなど、口を閉じられる袋 
スプーン 
シリコン型(我が家は普段粘土遊びに使っている型を使用) 

◆作り方

  1. ジップロックの中に、重曹、クエン酸、片栗粉を入れて混ぜます。 
  2. スプレーボトルに入れた水を吹きかけ、重曹+クエン酸+片栗粉と混ぜ合わせます。 
  3. 2を型に入れて押し固め、湿気のない場所に一晩放置する。

     

 
3歳の娘がとても楽しんで作っていました!

できあがりをお風呂に入れれば、しゅわしゅわ〜っと発泡する様子が楽しい入浴剤に。 重曹が溶けたお湯は柔らかく、重曹&クエン酸の発泡効果で血行を促進してくれる効果も期待できるます。実は、お子様だけでなくママにも嬉しいアイテムなんです。 

このバスボムを入れてお風呂を楽しんだあとは、排水してスポンジでこすっておきます。 そのあと、シャワーで流せばもう浴槽の掃除は完了。 

重曹のバスボムを使えば、子どもは喜び浴槽掃除の準備にもなり、一石二鳥です。 

■使い道の多いアイテムを使おう

焦げ落とし・消臭スプレー・つけ置き洗剤・お風呂の洗剤。重曹ひとつあれば、これらの専用洗剤がもう不要に!多用途に使えるアイテムを選べば、その分のボトル類に加えストックも不要。スペースの節約にもなります。 

キッチンやお風呂に並ぶカラフルな洗剤ボトルも手放し、見た目もスッキリ!理想の「スッキリとした暮らし」に一歩近づくことができるのではないでしょうか。 

そして、重曹を使うメリットはもうひとつ。それは、700gほどが500円前後で購入できる、その価格!ホームセンターやドラッグストアでもお手頃価格で手に入るので、続けやすいのが魅力です。


重曹のほかにも、クエン酸やクレイなども使い道がたくさんあるアイテム。 ぜひ、普段何気なく使っている洗剤を見直してみてくださいね。 

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように! 


吉田 直子

片づけ収納から、ファッション・メイクまで。お家も人も美しく輝かせます!

ブログ:ちょうどいい暮らし、ちょうどいいファッション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
近年「ヘルシーで栄養…