暮らし

暑さに負けない!残りの夏を涼しく乗り切る3つの対処法

おはようございます。鈴木裕子です。 

夏本番!と言っても、暑さと体のだるさのダブルパンチが避けられないこの季節は、なかなか快適に過ごしにくいですよね。残念ながら家電だけでは解決しづらいこの暑さ。ほてった体に効果的で健康的な、こんな対処法はいかがでしょうか。 

 ◾️風の通り道をつくる 

朝起きるとムッとした熱気がこもっているリビング。すぐにエアコンをつけたくなるのですが、ちょっと待った! 

エアコンは、高い気温を一気に下げる時にたくさんの電気を使います。エアコンをつける前に、窓を開けて風を通し、部屋にたまった蒸し暑さを外へ逃がすと、より早く部屋を冷やすことができます。比較的に気温が低い朝や夕方に、窓や扉を開けて外の空気を入れてみてください。風を通すには、入口と出口を作ってあげることが必要です。特に対面する場所を開けて置くと、風の通り道ができて空気が流れやすくなります。 

また、壁との間に隙間を開けて家具を配置すると、部屋全体の空気が対流できるようになります。 



家具の裏などにこもった空気が抜けて、比較的早く部屋を涼しくすることができます。家具と壁の間に5cmほどの隙間を開けておけば湿気がこもりにくくなりカビの予防にも。 

気温が同じでも、空気が流れていると湿度が低くなるので不快感が減ります。空気の流れを上手につくって空気を循環させましょう。 

◾️話題のネッククーラー 

キッチンでコンロの前に立ったり、リビングで掃除機がけをしたり、そんなちょっとした作業でも額や背中にすぐに汗をかいてしまうのが夏の家事の嫌なところです。そんな時は首筋を冷やすのがオススメ。頸動脈が通っている首筋を冷やすことで血液が冷え、その血液が全身に巡るので体温を下げることができます。 

これまでは、小さな保冷剤をバンダナで包んで首に巻きつけていましたが、今年はよく見かけるようになったネッククーラーを導入してみました。 



ネッククーラーは、潜熱蓄熱材のPCMを使用した商品。温度の変化によって液体・固体と状態が変化します。 

商品説明によると「28℃以下で自然凍結する」とあります。しかし、それでは冷たさを感じられなかったので冷蔵庫でしばらく冷やしてみたところ、カチカチに硬くなり冷たさを感じられる状態になりました。冷たさはひんやりと感じる程度なので、家の中での家事や駅までの歩行時といった短時間の暑さ対策用にぴったりです。 

首にはめるだけですが、留め具がなくてもずれることなく使えますし、首を締め付けるような不快さも感じられません。濡れるほどの結露が出ないのも高ポイントです。 

ぬるくなってしまったら、冷蔵庫に15分ほど入れておけば繰り返し使えます。汗っかきの私ですが、クールリングを使い始めてからは家事の間に汗が流れるようなことはなくなりました。 

メイク後の顔の汗が気になる方、背中の汗じみにお困りだった方にも重宝するアイテムです! 


◾️夏野菜で体のほてりを冷ます 

たいていの食材が一年中手に入る時代ですが、旬の食材のおいしさや栄養価の高さは格別ですよね。夏野菜は、特に体を冷やす効果があるようです。夏の食材を適度に取り入れて、食べることによって体の中から涼しくなりましょう。 

ナスやキュウリには90%以上の水分が含まれているので、利尿作用により体温を下げてくれるそう。特にナスには、手足の不快な熱感を軽減し血行促進作用もあるとか。 

ナスやキュウリなどの定番夏野菜をたっぷり食べられるレシピを紹介させてください。私の出身地山形県の郷土料理である「だし」です。 

《作り方》 

  1. ナス、キュウリ、オクラ、ミョウガ、大葉など、お好みの野菜を粗みじん切りにする。 
  2. 醤油、めんつゆなどをかけて混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やしながらなじませる。 

分量は?とお思いになるかと思いますが、各家庭によって材料や味付けが違うのが「山形のだし」なんです!大葉などの香味野菜で食欲促進効果もありますし、切るだけで火を使わないので真夏の暑い時にでも簡単に作れる一品です。 

トウモロコシや枝豆も入れると、お子さんも食べやすいですよ。ご家庭のお好みの野菜で作ってみてくださいね! 

今年も電力不足が報じられ、節電対策は今後も大きな課題になることでしょうし、まだしばらくは猛暑の日が続くでしょう。自分のライフスタイルに合わせて、無理なく過ごしやすく快適な夏をお過ごしくださいね。 

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように!  

《参考》 
ほるぷ出版 「暑さと暮らし」/ 河出書房新社 「最強!涼野菜レシピ」 


鈴木 裕子

「暮らしをスリムにする仕組みづくり」で、毎日自分にゆとりをもたらすサポートが得意。
プチプラを中心とした着こなしは、誰でも取り入れやすく、スタイルアップして見えると人気!

ブログ:くらしスリム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
あっという間に8月!…