モノ

座るだけでは勿体無い!あると便利なスツールの使い方

おはようございます、JUST SPACE代表の國松麻央です。

みなさんのご家庭に、スツールはございますか?

我が家には、数年前に購入したスツールが3台。
これが何かと便利で我が家では手放せないアイテムの一つとなっています。

そこで本日は、あんなことにもこんなことにも使える!便利なスツールの使い方をご紹介いたします!

■もちろん、基本はイスとして。

スツール購入の初めの目的はもちろん、座るためでした。

自宅講座開催時や友人を招いた際に、足りないダイニングチェアにプラスしたくって。



そのため、使わない時はコンパクトになるようにとスタッキング可能なデザインをチョイス。
そのままリビングの隅に重ねて置いています。

折りたたみの椅子よりも高さがないので、クローゼットや押入れの中に片づけることも可能です。

我が家のスツールはIKEAで購入したもので、1脚1000円未満だったと記憶しています。
現在は廃盤となっていますが、座面が三角、三つ足タイプ、同じくスタッキング可能なタイプが現在購入可能です。

■バッグの定位置に。

リビングでのオススメな使い方が、つい床に置きがちなバッグの置き場所にするアイディア。



ダイニングテーブルの私の席の後ろにスツールを置いて、その日使っているバッグのみはここに置くことに。
デスクワーク中も、手を伸ばせば手帳やお財布をサッと取り出すことができ、特にテレワークが多くなったここ最近は、より便利さを感じています。

モノを床に置くと、ついその周りにも荷物を置いてどんどんとモノが集まってくることも。見た目にも美しくありませんよね。
でもスツールならバッグ1つ分しか置けないので、それ以上になんでも置いてしまうことを防ぐことができます。

チェストや収納ボックスほどスペースを取らず、置き場所が作れるのはスツールならではなのではないでしょうか。

また、モノを床置きしないことで掃除がうんとラクに!スツールとバッグだけなら、簡単に移動できますよ。

■コーヒーテーブルにもピッタリ

数年前、ソファー前に置いていたコーヒーテーブルを処分。

それからというものの、ソファーでのんびりしている時にいただく飲み物の置き場所に困っていました。

アームレストに置いて、肘が当たってこぼした…
トレーごと床置きしていたら、ひざ掛けの裾がマグに入っていた…

そんな失敗を何度したことでしょう!

そんな時にも、スツールは大活躍!サッと持ってきて、コーヒーやお茶菓子を置けばコーヒーテーブルに早変わり!



大きなテーブルを置くよりも空間を広く使えるので、オススメです。

■雨の日は玄関に

コンパクトさ、気軽に持ち運びができるメリットを活かして、雨の日は玄関にスツールを移動します。

子どもたちが朝登校するとスツールを移動させ、上にタオルやカッパを干すためのハンガーをスタンバイ。雨に濡れて帰ってきても安心なように準備しておきます。



登校後にすぐに用意すれば、帰宅時にドアを開けてから慌ててタオルを用意することもなし。仕事で不在時でも、ちゃんと用意してあげられるので、このタイミングでセットする様にしています。

スツールならコンパクト。セッティング後に出勤、外出するのにも邪魔になりません。

■洗濯物干しも屈まずスイスイ

私が、一度スツールを使ってからやめられなくなった使い方が、『洗濯物を干す時に洗濯カゴを置く』こと!

長年洗濯物を干す時には、洗濯カゴを床に置いて、1枚1枚ハンガーに掛ける。
1枚掛けては、かがんでもう1枚取るスタイル。

でもこれ、地味につらくありませんか?

それがスツールに置いてみたらちょっと面倒だった「屈む」動作がいらないではありませんか!



洗濯カゴからハンガーまでの距離も短くなって、干す時間が短くなった気さえしています。

面倒くさがり屋さんはもちろん、ご高齢のかたや、体に負担を掛けられない方にもオススメです!

いかがでしたでしょうか?



コンパクトさと、気軽に移動ができる軽さ、そしてもちろん人が座れるだけの耐荷重があること。そんなメリットたくさんのスツールは、お家の様々なスペースで大活用してくれること間違いなし!

ぜひお家に取り入れてみませんか?

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように!


國松 麻央

モノトーンでまとめた自宅インテリアが好評。
モノ選びと収納デザインのセンス、アロマ空間デザインを活かし「シンプルでカッコいい」空間づくりを得意とする。

ブログ:JUST SPACE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
ハンガー選びは時短家…