モノ

小学生の携帯電話どうする?キッズ携帯、キッズスマホ、格安スマホ…と、我が家の場合。

おはようございます、関口晶子です。

4月、お子様の進級や進学に成長を感じられる喜びと、新生活への不安が入り混じる変化の季節でもありますね。

そんなタイミングでお子様にスマホを持たせようか考えるご家庭も多いと聞きます。

我が家も昨年、長男が5年生の時にキッズ携帯からスマホに変えました。



本日は、お子様にスマホを持たせようかお考えの方に、我が家が何故スマホに変
えたのか、変える際に何を重要視したのか、などお話したいと思います!

【息子がスマホを欲しがる!】

子どもにスマホを購入するキッカケは、とにかく子どもが欲しがる!!そんな単純な理由の場合も多いかと思います。

我が家もまさにそれでした。

周りのお友達がどんどんキッズ携帯からスマホに変わって行き、とにかく羨ましい!そんな思いから寝ても醒めてもスマホスマホ!と言い出しました。

そして私にもスマホに変えてもいいのかな…と思う理由がうっすらとありました。

それは、長男が小学1年生の時に購入したキッズ携帯がかなり古くなって、親の使いたい機能がうまく作動しなくなった事です。

その機能とは、「位置情報の確認サービス」。

小学生高学年にもなると行動範囲が広がり、お友達と遊んでから塾へ…など複数の場所を移動するようになったのですが、きちんと塾へ向かったのか、帰りがちょっと遅い時今どこにいるのか確認したいのです。

それが古くなったキッズ携帯だと、すぐには居場所を見つけられず、本人が帰宅した後に居場所確認メールが届くと言う…(汗)

意味なーい!!と何度も思ったものです。

あとさらに、子どもがキッズ携帯自体にまったく興味を持たなくなっており、塾バックの奥底にしまったまま。

そのため、連絡したい時に全然く着信に気づかないのです。

メールを送っても確認されず、確認したとしても返信がない…

なぜ返信しないの?と聞くと、十字キーのボタンが慣れていないし使いづらいと。



最近の子どもは親のスマホやタブレットなどで、画面タッチの入力の方が慣れているように思います。

せっかく携帯電話を持っていても本人が携帯してくれないのでは、無いのと同じですよね。

また、このタイミングでキッズ携帯を機種変更してもあと1年ちょっとで中学生になる長男。

さすがに中学生でキッズ携帯を持たせるのもなぁという気持ちもありました。

きっとお友達とLINEなどでメッセージ交換したい年頃ですよね。

早すぎる年齢でのスマホ導入に積極的ではありませんが、「自分だけ持っていない」という疎外感は持って欲しくない、という親としての複雑な思いがありました。

ならば、親の言葉を素直に聞いてくれる今のうちからスマホに変えて、利用ルールを設けた方が先々良いのではないか?

そう思うようになり、買い替えを決断しました。

【親と同じキャリアのキッズスマホ?格安スマホ?】

息子にスマホを持たせる事を決めたら、今度はどこのキャリアのスマホにするかです。

まず考えたのは、保護者である私と同じキャリアで家族割。

ただ…

今まで使っていたキッズ携帯の料金よりあまり高くはしたくない。

今までは月1000円の使用料でした。

端末代を一括で購入しても通信費などの利用代金は月々2000円以内に収めたいのが正直なところです。

ですが、auのキッズスマホは端末価格は21600円と手の出せる価格ではありますが、通信費が複雑。

初年度は2GBまで980円で利用可能ですが、翌年以降GBよって価格が変動する仕組み。2GBから4GBまでで1980円。もちろんそれ以上使用すると価格は上がっていきます。自分でどれだけ利用しているかの判断が付きづらい子どもに、この制度は危険だと感じました。(料金プランなどは都度変更しますので詳しく公式HPでご確認ください)

その次に考えたのが、私も長男と一緒に格安スマホに変える案。

そこで検討したのが、ヘビーユーズしている楽天の楽天モバイルか親子割りを売りにしているUQモバイルでした。

ただ、ここで大きな壁にぶち当たります。

私の契約しているauが2年割りの継続がなされたばかりだったこと。しかも乗り変えには結構面倒な手続きがあること。

ここへの壁が高すぎ…2人で格安スマホへの乗り変えは諦めました。

もっと安く、購入が簡単で、セキュリティ体制も整ってるスマホはないかなーと探していた時、子どもにぴったりなスマホを見つけました!

【トーンモバイルという選択】

皆さまはトーンモバイルをご存知でしょうか?

TSUTAYAが運営するスマホで、主に子どもや御年寄に向けたシンプルなスマホを提供している会社です。

料金設定もいたってシンプル。利用GBに関係なく月々1000円!

端末価格も一種類のみで19800円。24回払いしても月々825円が通信費に上乗せされるだけです。

この料金体制・機種のシンプルさは親にとって検討事項を減らす要因となって有り難いですよね。

また子どもへの配慮がたくさんされているのも特徴です。

スマホの使い過ぎを防ぐ利用時間制限はもちろんのこと、居場所確認の設定も細かく出来ます。

事前に出入り場所を設定すると、その場を離れた時や入った時に通知が来るという機能です。

これで家と塾を設定することで、家を出た際、塾に出入りした際に通知が来るという仕組みです。

またスマホの機能を停止する設定もあるので、例えば学校にいる時間や塾にいる時間は使用できない設定ができます。

アプリのダウンロードも親の許可が必要のため、子どもが不用意にアプリをダウンロードすることを防げます。

ただ、デメリットとして通信速度が遅いという点があります。

ですが!!私としてこれはこれでメリットとして感じました。

子どもが外で自由に快適に動画の視聴やゲームをするのが難しい。

それは親の目の届かない場所での安全性でもあると私は感じました。

我が家の長男はYouTubeが大好きですが、私の監視のない中で自由に見てもらっては困る。だからこそ、外で通信が自由な方が困るというわけです。

その点、トーンモバイル はいくら通信しても一定額であるけれど速度が遅いというのは、我が家としは願ったり叶ったりでした。

そのような子どもに特化したスマホ、しかも利用料金が安いという点に引かれ、我が家は契約することにしました。

だた、実際利用してみてのデメリットがありました。



これは今現在の情報であり今後改善される可能性があることですが・・・

とにかくGPSの範囲がざっくりすぎる!!ということです。

行動範囲の位置情報として、自宅と塾を登録しているのですが、この範囲が割と広め。

自宅も塾の位置も住所で指定しているものの範囲が200m以内設定なので、だいたいこの辺りを行き来すると範囲内になります。

さらには、指定した範囲の出入通知がかなり遅れて来るという点もデメリットです。

とっくにその場所を離れた後に通知が来るので、正直こちらの機能は使えないのです。

であれば本人にラインや電話をして確認を取る方が早いのでした。

我が家の長男は5年生なのでラインや電話でのやり取りがスムーズなので、位置情報の確認はそれほど必要なかったのですが、まだ電話でのやり取りがスムーズに行かない低学年のお子様の場合は、位置情報が曖昧なスマホはオススメできないなぁというのが正直な感想です。

期待していた機能がいまひとつ性能が良くなかったり、すべて親の許可が必要なだけに度々親だけが設定しているパスワードを求められ面倒だったり、と全てが思った通りではありませんでしたが、端末・料金設定のシンプルさと利用料金の安さは満足しています!!

【キッズ携帯も進化していた!】

さて、長男には念願のスマホを購入した訳ですが、では今まで使っていたキッズ携帯をどうしようかという新たな悩みが・・・。

解約しようかとも思ったのですが、小学2年生の次男に持たせることにしました!

なぜなら、数年前と比べキッズ携帯自体、とても進化していたからです!

見た目は5年前のキッズ携帯とさほど変わらないのですが、操作がタッチパネル式になっていました。

(左が旧型・右が新型のキッズ携帯)



これならフリック入力に慣れてしまっている子どもでも簡単にメールが出来ます。

今まで利用者を長男にしていたキッズ携帯も、簡単に利用者を次男に変えることができたので、手続きの煩わしさもなかったですよ。

新しくした事でGPSの精度も上がり、居場所の検索もスピーディになりました。

(よほど長男のスマホより正確に位置情報が分かります)

まだまだスマホを欲しがらない小2の次男にはピッタリでした!

いかがでしたでしょうか?

最近では子どももご老人も1人に1台携帯電話を持つ時代です。

最近は気軽に携帯電話を持てる時代になっていますが、お子様に持たせる携帯電話に何を求めるのか、そして費用はいくらぐらいまでにしたいか、その辺りをハッキリさせてお選びになると、お子様にもご家族にとってもぴったりの商品に出会えると思います!!


次回は4月2日、【この春、取り入れたい!日常使いOKのスカーフアレンジ】をお届けいたします。
ハードルが高く感じてしまうスカーフ。実は選び方と巻き方で、カジュアルにも合わせることができるんです!春のオシャレに大活躍のスカーフ、その取り入れ方のコツをご紹介いたします。
お楽しみに!


関口 晶子

家づくりの次にある貴方らしい暮らしに着目し、「設計事務所のお片づけ」をご提案。
すっきりとシンプルな空間づくりと、見えすぎないロジックな収納づくりを得意としている。

ブログ:楽家図鑑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
アロマを存分に楽しむ…