モノ

エコバックの置き場所と持ち忘れ防止にオススメな定位置は!?

おはようございます。

コラムスタッフの関口晶子です。

片づけサポートの仕事をしていると、お客様からエコバックに関するお悩みをよく聞きます。

「エコバックのしまう場所をどこにすれば良いのか分からない」

「使った後にほったらかしていたら、いざ使おうと思った時に見つからない」

「無くしたと思って購入したら、予想外な場所から出てきて、結果エコバックが何十個とある」

「持っていくのを忘れてレジ袋を購入することになってしまった」

「買い物に行く予定じゃなかった時にスーパーに寄って、有料のレジ袋を買うことになってしまった」

などなど。

エコバックだけでたくさんのモヤモヤがあるようです。

そこで本日は家の中でエコバックを無くさない定位置と、持って行き忘れを防ぐアイデアをご紹介しますね。

■エコバックの定位置はバックの中

2020年7月から小売店にてレジ袋の有料化が義務付けられます。

スーパーだけでなくコンビニやドラックストアでも有料化になるため、よりエコバックの使用頻度が増えそうですよね。

お仕事帰りにふらっと寄ったコンビニや、出先で立ち寄ったドラックストアでも、エコバックがあると便利になります。

そこで、私は普段使いしているバック全てに、小型のエコバックを入れています。

普段使いのバッグ全てに・・・
サクッとエコバック!




こうすることで、どんなバックで出かけても持ち忘れた!ということがありません。

ポイントは小さめの軽量なエコバックを入れること。

バックのポケットやバックインバックに忍ばせていても、邪魔にならないサイズがオススメです。

エコバックから商品を取り出したら、またバックに入れるだけ!

そのため、エコバックをしまうまでバックもしまわないのがポイントです。

エコバックだけがキッチンやダイニングテーブルに投げ出されていてもさほど気になりませんが、バックも一緒に置かれていると・・・さすがに気になりますよね。

後でエコバックをしまおうと思うと、ついつい後回しにしてしまう事も多いかと思うので、エコバックをバックにしまってから、バックも置き場所に収めてくださいね!

■持ってくるのを忘れた!を無くすための定位置

コンビニなど小さいお買い物の時は、バックに入れておいたエコバックで大きさは足りるかと思いますが、スーパーで食材をまとめ買いをする際は、大きめのエコバックか何枚か必要になりますよね。

スーパーに行こう!と思って行ったのに、エコバックを持ってくるのを忘れた・・・そんな経験はありませんか?

私はしょっちゅう!!

買い物に行く時は、今日の晩御飯どうしようか?何か足りないものあったかな?と考える事も色々あるので、エコバックまで意識が行っていないのかもしれません。

そこで私が忘れ防止のためにしたことは、買い物用のバックを作ってそこに常に入れておくこと。




エコバック専用のバックということです。

私は3~4日分ほどの食材をまとめて購入するため、レジカゴバックという大き目のエコバックを使っています。

レジカゴバックとは、スーパーのカゴにスポッとはめられるエコバックのことで、レジのカゴと同等サイズ。かなりの大容量です。



ただ、嵩むのがマイナスポイント。

左がレジカゴバック・右がバックに入れているコンパクトなエコバック



普段使いのバックに入れると、バックの中がほぼレジカゴバックなんて事も。

そんなマイナスポイントをカバーするためにも、このレジカゴバックがすっぽり入る大きさのバックを、買い物専用バックにしました。



よくお客様のお家でも、レジカゴバックが行き場なくキッチンに放置されているのをお見かけします。

冷蔵庫の上に置かれていたり、床にそのまま放置されていたり・・・。

大きすぎるが故にしまう場所が難しいのです。

だから!敢えてレジカゴバックが収まるバックを買い物専用バックにするのはどうでしょうか?

■使いやすいエコバックとは!?

エコバックと言っても、機能もデザインも様々ですよね。

私が複数使用していて思うことは以下の3点です。

【小・中サイズのエコバックは肩がけができる方が便利!】

手に持つより肩に掛けられた方が楽だからです!

【大きいサイズのエコバックは持ち手が短い方が持ちやすい】

逆に大きめのエコバックは荷物が重くなりがちなので、肩にかけるより短めの持ち手で力がしっかり入る方がオススメです。

【袋にしまう方式のエコバックは、しまうのが面倒になる】

袋にしまうエコバックはしまわないと収まりが悪いのですが、この「しまう」という作業がなんとも面倒!



なので、くるくる丸めてマジックテープで止められるタイプの方が断然楽です。



エコバックにマジックテープが付いているので、くるくる巻くと・・・



とってもコンパクトに!!

しまうという手間が省けるので、私はこちらのタイプの方が好きです!

エコバックと言っても、どのぐらいの大きさがいいのか、保冷機能はついている方がいいのか、しまい方はどんなモノがいいのか、など選ぶ基準は様々です。

ぜひ皆様のお買い物スタイルあったエコバックをお選びくださいね!

そして、選んだエコバックの定位置はバックの中がオススメです!

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように!


次回は5月4日、【プロのお家は『どうしてる?』みんなのルームウェア】をお届けいたします。
外に出る機会も激減し、”部屋着”の時間が増えました。快適なお家時間、メリハリのあるお家時間を過ごすために、暮らしのプロはどんなルームウェアで過ごしているのでしょうか?
お楽しみに!


関口 晶子

家づくりの次にある貴方らしい暮らしに着目し、「設計事務所のお片づけ」をご提案。
すっきりとシンプルな空間づくりと、見えすぎないロジックな収納づくりを得意としている。

ブログ:楽家図鑑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
また巡ってくる冬にお…