プロのお家は『どうしてる?』

【プロのお家は『どうしてる?』空間と暮らしに合わせた暖房選び】

おはようございます。

JUST SPACE代表、國松麻央です。

モノ選びは十人十色。

だからこそ悩むもの。

この【プロのお家は『どうしてる?』】では、そんなみなさんの「これどうしたらいいの?」にお応えするために、ライフオーガナイザー宅の収納やモノ選びの実例を集めてご紹介しています。


過去の特集はこちらから>>>

マスク収納5選
無印良品「ステンレスひっかけるワイヤークリップ」使い方5選!
こだわりのグラス選び5選!
プロ10人が愛用する、無印良品の本当に使える1品!
洗濯ハンガー収納
キッチンのパン収納
メイクグッズ収納
自分にあったお財布選び


さて、今回ご紹介するのは「暖房器具」。

価格もタイプも違うたくさんの暖房器具がありますが、みなさんどういったものをお使いですか?

自分らしい暮らしを手に入れるプロであるライフオーガナイザーは、どんなものを選んでいるのでしょうか。お悩みや空間、暮らし方に合わせた暖房器具の選び方を、ぜひご参考に!


Case1. 冷え性に嬉しい床暖で十分なあたたかさ

「暖かい」といわれるマンション住まいのスタッフ天田は、床暖房を愛用しているそう。日中はリビングに優しい日差しも入るためか、足元を温めるだけで十分な暖かさなのだとか。

「むちゃくちゃ寒い…という日にはエアコンと床暖房を併用しますが、エアコンは空気が温まったら切ってしまいます」とのこと。

足元を温めてくれる床暖は、冷え性にも嬉しい上に、暖かくなっても頭がぼんやりしないこともメリットなんですよ!


Case2. LDKをエアコンでフルカバー

わたくし國松が、約18畳のLDKを効率的に暖かくするのに使っているのは、エアコン。


ファンヒーターを使っていたこともありますが、すぐ側は暖かい。でも広い空間を素早く効率的に温めるには、やはりエアコンが一番という結論に至りました。

暖房器具を置かなくていいので床がスッキリ、掃除がしやすい。そして収納場所も要りません。

デメリットはやはり、空気の乾燥。加湿器を使用したり、あえてリビングに洗濯物を干すことで乾燥対策を施しています。洗濯物は早く乾くし、「見た目」さえ目をつぶればかえってメリットかもしれませんね。


Case.3 くつろぎ空間には、こたつ

キッチンに置いたオリーブオイルが固形化するほど家の中が寒い!というスタッフ後藤宅ですが、使っているのは意外にも、こたつでした。

「寒すぎるために、エアコンやヒーターを使うと電気代がすごいことに。共働きで家にいる時間も短いので、家全体を温めるというよりも、温まってくつろげるこたつを選びました」とのこと。

空間をスッキリとさせたいと選んだのは長方形のコタツ。家事の前後にここで温まるのが習慣なんだそうです。


Case4.暖房以上の使い方も!アラジンブルーフレームヒーター

和室にも洋室にも馴染むレトロデザインが人気の灯油暖房、アラジンブルーフレームヒーター。こちらを愛用しているのは、戸建てに住むスタッフ鈴木です。

対流型なので暖かい空気が天井までに昇り、壁から床へと暖かさが循環する。だから、天井の高いリビングにもピッタリなんだそう。

「空気が乾燥しにくい上に、意外にも臭いがほとんどないんです。なによりも、ストーブの前に座って、ブルーの丸い炎がゆらゆらしているのを見ているだけで温まります」。

さらに、ストーブの上におでん鍋を乗せてコトコト煮たり、やかんを乗せて湯たんぽのお湯に使ったりと暮らしの道具としても活用しているそう。

灯油の購入や補充、芯のメンテナンスの必要がありますが、インテリアとしても楽しめるのが魅力ですね。


Case.5 マイ暖房で、戸建ての寒さをカバー

お家で寒いのはLDKだけではありません。特に戸建ては、寒いところだらけ!というのはスタッフ関口。

そこで愛用しているのがミニファンヒーター。仕事机の足元からトイレや洗面脱衣室など、移動と共に連れ歩いてるんだそう!何と言っても必要な場所を狙って温められるのが嬉しいですね。

小ぶりなサイズ感は持ち運びの際だけでなく、オフシーズンにはクローゼットの天袋に収納できるのもメリットなんだとか。

大型の暖房器具と併用して効率的に使用するのもオススメです!

いかがでしたでしょうか?

お家や暮らし方によって悩みも、必要なものもみんな違う。それぞれのデメリットが自分にとって負担にならないか。

快適な暮らしのプロが、そんな視点でも選ぶ暖房はみんな違いました。

自分にあったモノ選びで、快適な冬をお過ごしくださいね。

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように。


次回は1月23日、【自宅でもオフィスでもOK!の冷え性対策アイテム】をお届けいたします。
ニットやコートなどのファッションを楽しむにはぴったりの冬ですが、多くの時女性にとっては「冷え」がつらい時期でもありますよね。そこでご紹介するのは、心も体も暖かくなる冷え性対策アイテム。
お悩みに合わせて、暖房器具にプラスしてみてはいかがでしょうか。
お楽しみに!


國松 麻央

モノトーンでまとめた自宅インテリアが好評。
モノ選びと収納デザインのセンス、アロマ空間デザインを活かし「シンプルでカッコいい」空間づくりを得意とする。

ブログ:JUST SPACE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
楽天市場はショップ数…