その他

苦手な掃除をラクにする3つのコツ!

おはようございます。

JUST SPACE代表、國松麻央です。

結婚して13年。今だに苦手な家事が多い私。

特に掃除は、なかなか好きになれないものの一つです。

でも、汚れが溜まっているのはやはり気になる。家族にも気持ちよく過ごしてもらいたいから、できることなら気軽に、前向きに取り組めるものにしたい。

そう思って、自分がやる気になれる工夫を重ねてきました。

以前よりも快適にできるようになったのは、『ラクに、オシャレに、シンプルに』仕組み化したことがきっかけ!

本日は、苦手な掃除を気軽に取り組めるようになった、この3つのコツをご紹介いたします。

■何と言ってもラクが一番!

ただでさえ苦手な掃除。「さぁやるぞ!」と気合いを入れる必要があるようでは、なかなかその気になれません。

思いついた時、気になった時にすぐに取りかかれるように、日々の掃除に必要な道具は『見せる収納』という名の、出しっ放しにしています。

特に油汚れが気になるコンロ近くにはスプレーをかけたままに。

入浴ついでに気になったところをお掃除。

水気が気になるので、フックにかけて乾燥させるように気をつけています。

ベランダには、こっそりとホウキを。

布団を干したついでにちょちょっと掃いてみようかな…そんな気持ちになれるんです。

使うところのすぐ側にあれば、掃除用具を持ってきて…の手間いらず。

以前よりもずっと気軽に掃除を暮らしに取り込めるようになりました。

■掃除だってオシャレにしたい!

掃除という若干地味な家事。私が前向きに取り組むためには、見た目を整え「オシャレ度」をあげることも重要です。

汚れ落ちや、効果ももちろんですが、香りやパッケージデザインが好みかどうかも購入時の大切なポイント。

使うたびに「うふふ♡」となれば苦手な掃除も楽しくなります。

好みではない市販のカラフルボトルは、詰め替え容器を利用してビジュアルを整えることも。

家族にも気持ちよく使ってもらえる空間を作り出せるなら、一手間かけることも惜しみません。

ホワイトグレーの掃除用具は、スッキリと清潔感があるように見せてくれます。

そのほかにも、自分の好きなモノトーンでまとめてインテリアとの調和も。

■使うものはシンプル化!

以前は苦手意識から、「専用洗剤」を沢山持っていたこともありました。

ところが、種類が多くなればなるほど、管理ができず結局何を使ったらいいのか分からない状態に。

そこで現在は、ナチュラル洗剤でシンプル化しました。

主に使っているのは、セスキ・クエン酸・酸素系漂白剤・重曹。

どれも掃除や洗濯、キッチンで除菌にまで使えたりと家中あちこちで愛用しています。

洗剤のシンプル化は、掃除をラクにするだけでなく、ストック管理からの解放や収納スペースの縮小など、メリットもたくさん。

苦手なことこそシンプルにすることで、迷いを手放しました。

ものごと、形から入ると俄然やる気になれる!何事も楽しんでやりたい!そんな方におすすめしたい、苦手な家事を快適にする3つのコツ。

『ラクに、オシャレに、シンプルに』。

ぜひ、暮らしに取り入れてみませんか?

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように!


國松 麻央

モノトーンでまとめた自宅インテリアが好評。
モノ選びと収納デザインのセンス、アロマ空間デザインを活かし「シンプルでカッコいい」空間づくりを得意とする。

ブログ:JUST SPACE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
そろそろ気になります…