その他

もしかして更年期?これからの毎日をenjoyするために知っておきたいこと

おはようございます。天田真帆です。 

仕事や子育てに一生懸命でいると、つい後回しにしてしまいがちなのが自分自身のこと。いつもとちょっと違う…ちょっと辛い…と体調の変化を感じていても、無理をしていたりしませんか? 

とくにそれが“更年期”の症状であれば、なおさら! 

「いつか更年期がくる」。そんな漠然とした認識しかなかった私は、45~55歳が平均時期と言われる中、かなり早めのスタートを切ったようです。 

今日は、身体の変化を感じる“更年期”が始まる前に知っておきたい3つのことをご紹介します。 

◾️まずは『更年期』の正しい知識を得よう! 

更年期とは何を指すのかご存知ですか?お恥ずかしながら私は全く知りませんでした。 40代から50代にかけて、病名のつかない不調のようなものだと。 

個人差はありますが、更年期とは「閉経前の5年間と、閉経後の5年間を合わせた10年間」のこと。つまり、更年期は女性が年を重ねていくと、誰にでも訪れるものなのです。 

そうすると気になってくるのが、基準になる閉経。 

閉経とは、永久に月経がなくなることを意味します。正確には月経がなくなって1年経ったとき、遡って『最後に月経がきた時』を閉経とみなすそうです。 

はっきり定義されていて分かりやすいように感じますが、この閉経の時期は個人差があるのが悩ましい。日本人の閉経年齢の平均は概ね50歳とされていますが、40代前から60歳以上まで、実際の閉経時期は個人によって大きく開きがあります。 

私のように、「このくらいの年代になったら…」とのんびり構えていると、予想外に早く更年期が始まる可能性も。40代に入っている方は思い当たる症状がなくても、これから起こる身体の変化の知識を身に着けておかれると安心ですね。 

私はこちらの2冊の本から更年期と向き合うことをスタートしました。 



特に左の『「閉経」のホントがわかる本』は、身体の変化からよくみられる症状、更年期に発生しやすい病気などについてまとまっているのでとても読みやすいです。 

まずは更年期がどのようなものか、症状としてよくみられるのはどんなものか、などを押さえてみてはいかがでしょう? 

正しい知識があれば、いざその時がきても安心ですね。 

◾️安心して相談できる婦人科はありますか? 

海外では初潮を迎える12歳くらいから定期的に婦人科を受診することが一般的な国もあるそうです。 

ところが日本では、更年期症状を自覚をしていながらも、その多くの方が病院で受診をしないんだそう。 でももし、安心できるかかりつけの婦人科があれば、体調不良や体の変化、更年期への心配事も相談できると思いませんか? 

私は20代後半から1年に1度は婦人科検診を受けていました。しかしこれはあくまで定期健診。自分の身体の変化をじっくり相談する、というものではありませんでした。 

婦人科検診の結果で『要再検査』なんて届いた日にはもう大慌て!「婦人科系の病気について安心して相談できる病院がどこにあるか」を調べるところからのスタートでした。 

いざという時に備えて、近くの婦人科がどこにあるのかはまず知っておきたいですね。 

更に押さえておきたいのが、婦人科の中でも更年期についての相談をじっくりできるかどうかという点です。 

私に更年期が始まっている可能性を伝えて下さったのは、自宅近くのクリニックの先生でした。 

当時の私には更年期の知識が全くなく、「更年期に入っているようだ」と言われても、何を聞いてよいのやら質問すら思いつきません。また、症状を詳しく聞かれることもなかったため、ただ処方された薬を飲んで症状が落ち着くのを待つという、完全に受け身の状態。 

そんな状態が心地よいわけありません。自分の身体の変化に対して不安だらけでした。 

その後に受診した年1回の人間ドックでは、女性医師が問診担当だったため「これはチャンス!」と不調の内容を相談してみました。 しかし、返ってきたのは規則正しい生活をおくって身体のリズムを整えるように、とのこと。医師の方にも専門があるので専門外の相談をするのは難しいのだと感じました。 

3度目の正直!と、更年期症状にも力を入れている婦人科クリニックを受診。その際には、話の伝わる早さ、必要な処置の提案に大きな違いがあり、それはそれは驚いたものです。 

私は比較的体調が落ち着いた時にこの婦人科を受診しましたが、辛い最中に慣れない婦人科で言葉にしづらい不調を伝えるのは簡単なことではないですよね。 

更年期以外にも女性特有の不調はありますので、先生との相談に慣れておくという意味でも、健康な時から安心して相談できる婦人科の先生を見つけておきたいですね。 



保険診療と自由診療では出来ることも価格も違ますし、良くても遠いと不調時に通うのは難しいもの。 

普段は近くで、より深く相談したい時にはちょっと足を伸ばして、など数か所見つけておくのもよいですね。 

◾️自分自身の体調の変化を知っておく 

更年期と向き合うために知っておきたい事の3つめは、自分自身の身体についてです。 

これまで何度か勧められながらも続けられなかった基礎体温の計測。 計っているうちに2度寝をしてしまって、どうにも続かないのです。 

そんな私ですが、辛うじて記録していたのが月経周期。手帳に色を塗るだけの簡単なものです。 

更年期に入っていることを知るきっかけとなった不調時には、月経周期に加えて、『症状・どのくらい続いたか・何が辛かったのか』などを付箋にメモしていました。 それが婦人科を受診する際にとても役に立ったので、今では手帳の年間ページを月経周期と不調時のメモ欄ページとして活用しています。 



私は現在、2種類の漢方薬を服用しています。そのうちの一つは不調時の症状を詳しく伝えたことで先生の処方が変わったもの。 

更年期の症状は、出ない方も含めて本当に人それぞれ。その症状の種類は200とも300種類あるとも言われているんだそう。先のステージに向けて体が変化する中、負荷を減らしより心地よく過ごすためには自分自身の不調の状況を詳しく伝えられることも必要です。 

手帳やスマホにカレンダー、使いやすいツールを活用しながら、あなた自身の身体の声を聞く時間も作ってみて下さいね。 

ちょっと早めの更年期スタートを切った私の中に何度も浮かんできたのは、「知っていたらもっと楽だったのに」「知っていたらあんなに悩まなかったのに」という言葉たち。 

更年期の時期の個人差を知っていれば、不調を感じた時点で推測して何かしらの対応ができたはず。更年期に見られる不調を知っていれば、身体に力が入らない自分を「やる気がないだけじゃないか」と責めることも無かったはず。 

ご家族のためにも、日々頑張っているあなたの身体を大事にしてくださいね。 

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように!


天田 真帆

家族に寄り添う収納アイディアが好評!
クローゼットオーガナイザー・骨格スタイルアドバイザーとして、ファッションから暮らしを彩るアドバイスをお届けしている。

ブログ:『似合う!好き!楽しい!から作る あなたのためのクローゼット』骨格診断・クローゼット整理【埼玉・志木】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
うまく機能していたよ…