その他

憧れのグリーンに囲まれた暮らし!フェイクとリアルの使い分けで手軽に楽しむ

おはようございます、関口晶子です。

みなさまのおうちにはグリーンが飾られていますか? 

私はグリーンが大好きで、我が家には家の中・外含めてたくさん飾ってあります。

その数、38個。そんなにたくさんのグリーンを管理するのは大変!!と思われるかもしれませんが、 実は38個のグリーンのうち、16個はフェイクグリーンなんです。

しかも家の中のグリーンは21個。そのうち16個がフェイク。

すなわち家の中のリアルグリーンはたった5個なのです。

1階・2階にそれぞれ飾っていますが、5個であれば管理は簡単だと思いませんか? 

では、何を基準にフェイク・リアルと飾り分けているのか?

グリーンを取り入れたいけれど管理が苦手…という方にこそオススメしたい、手軽な楽しみ方をご紹介いたします!

■育ちにくい場所はフェイクグリーン 

お家の中で、どうしてもグリーンが枯れてしまう場所はありませんか?

我が家は玄関です!

立派に育った大きめのグリーンでも玄関に置いた途端元気がなくなり、あっと言う間に枯れてしまうのです。

おそらく陽当たりの悪さが原因だと思われます。

だけど、玄関には大きめのグリーンを飾りたい!!

だから、ここはフェイクグリーンを飾ることに。

光触媒コーティングのされているフェイクグリーンであれば、防臭・防菌効果があり、むしろ玄関には適しています。

他にも、お手洗いや洗面室、北側の部屋など、なかなか陽は入らないけれどグリーンがあると印象が華やぐ場所ってありますよね。

そんな日照条件の悪い場所では、フェイクグリーンを楽しむことにしています。

■水やりが大変な場所もフェイクグリーン 

水やりが難しい場所のアクセントグリーンはフェイクを選んでいます。

例えばこのような場所、 玄関収納の上です。 

ここには外のグリーンに水やりをするためのジョウロを置いていますが、ジョウロ1個だけ飾ると締まりがないため、一緒にグリーンを飾っています。

ですが、高所なので水やりは難しい。

そのため、ここもフェイクグリーンを選びました。 

またリビングにもフェイクのみ飾っている場所があります。 

この場所はアロマディフューザーを置いているテーブル。

アロマディフューザーの横に香りのないグリーンを横に飾りたかったため、フェイクグリーンをチョイス。

これでアロマとグリーンの香りが重なり合う心配もなし。

目一杯好きな香りのアロマを楽しむことができます! 

■リアルグリーンは元気に育つ場所!

フェイクグリーンのお話しばかりをしてきましたが、ではリアルグリーンはどこに飾っているかと言いますと・・・ 

 リビングの陽当たりのいい場所です。

この場所は大きな窓の近くなので、光と風の条件が良くグリーンがよく育ちます。 

あまりお世話をしなくても、元気に育ってくれるんですよ! 

また、陽当たりはいいのだけど水やりがしにくい場所であれば、多肉植物がオススメです。 

水やりの回数が少ないので、インテリアの一部として棚に飾っても管理しやすいですよ。

また寄植えをすれば、自分の好きな多肉植物でコーディネートができるため、愛しさも倍増します!

 このように、我が家では置く場所の条件によってフェイクかリアルかを選んでいます。 

ところで!!

フェイクグリーンに関してよくお聞きするのが、フェイクグリーンは嘘っぽくて好きじゃない!というご意見。

でもそれは、お部屋の中全てがフェイクだと嘘っぽく見えるだけかもしれません。

リアルグリーンと組み合わせれば作り物っぽさも薄まりますし、むしろそのフェイクっぽさが味になることもありますよ。 

いかがでしたでしょうか?

自分はグリーンがうまく育てられないから・・・と諦めているアナタ!

うまく育たない場所にはフェイクグリーン 、環境がいい場所にはリアルグリーンを飾って緑のある暮らしを楽しみませんか?

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように!


次回は10月7日、【スッキリキッチンの手に入れ方。水切りかごなし、タライあり】をお届けいたします。

片づけを進めて、スッキリとした空間を手にいれる。するとよく耳にするのが「水切りかごを手放したい」という思い。でも、洗い物はどうするの?本当になくしても大丈夫?

そこでご紹介するのは、『水切りかごは手放してタライはあり』というコラムスタッフ宅の事例。

どうぞお楽しみに!


関口 晶子

家づくりの次にある貴方らしい暮らしに着目し、「設計事務所のお片づけ」をご提案。
すっきりとシンプルな空間づくりと、見えすぎないロジックな収納づくりを得意としている。

ブログ:楽家図鑑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
『家事負担を減らせる…