その他

お歳暮・クリスマス・お正月。3大行事をラクにするために手放す「考えること」

おはようございます、天田真帆です。 

気忙しい年末年始が近づいてきましたね。

時間はまだあると思っていても、やることもたっぷりあるこの季節。 

例年の私はというと、お歳暮を選んでクリスマスのメニューを考えて当日の準備をして… 気が付いたら毎年疲れ切って大晦日を迎えていました。 

でも1年の終わりをもう少し快適に、 無理なく過ごす方法はないかと考えているうちに、何に対しても毎年1から全てを頑張ろうとしている自分に気づきました。 

「年1回のことなのだから、去年と同じでもいいんじゃない?」

「誰も気にしないんじゃない?」 

そう思えたらふっと気持ちが軽くなって、どんどん一から考える事を手放して定番化することに。 

楽しみな反面ちょっと憂鬱だった3つの行事も今では気楽に、楽しんで迎えることが出来ています。 

今日は私が「考える事」を手放した、3つの行事についてお伝えしますね。

■お歳暮は、3つのルールで考えない!

以前はカタログをじっくり見て選んでいたお歳暮。

けれど、時間はかかるし見れば見る程悩んでしまっていいこと無し。

我が家のお歳暮の送り先はたったの3軒ですが、それでもちょっと億劫に感じていました。 

そこで、毎年のお歳暮を一から考えないために3つのルールを作りました。

1:

何を贈るかは、自分が貰って嬉しいもの、困らないもの、という基準の他に

  • 贈る相手のお好みに合うもの
  • 保存しやすいもの(冷凍・冷蔵は避けます)
  • 年末に向かって必要なもの・あるとうれしいもの

という条件で絞り込み、毎年同じものを贈ることにしました。 

基本はビールやジュースのセットを。

お酒を召し上がられない方にはちょっと贅沢なご飯の一品になるものを。 

贈る物を決めたことで何にしようか悩む必要がなくなり 時短になって、ストレスも解消! 

2:

何度かやってしまったのが、お歳暮の手配をする為に出かけた際の送り先の住所メモの持ち忘れ。

前の日までは覚えているのですけどね… 

今は、発送するお店も毎年同じところで。こうすることで、お店に送り先の住所や贈ったものの記録が残っていて、私は今年贈るものの品番さえ把握していればOK!

3:

しかし、それでもまだもう一つ大事な、手配をする時期が残っています。 

「いつでも行ける」は後回しにしがち。 

折角ルールを作って迷わず進められるのだから、あと一歩頑張って手配は11月中旬までを目標に! 

そうすると、窓口が空いていて、待ち時間がほとんど無く手配が完了します。

今年もこのルールのお陰でサクサクお歳暮手配が進みました。

■クリスマスのメニューは固定化して考えない!

料理が得意ではないくせについ頑張ろうとしてしまって、時には夜中までケーキを作っていた年もありました。

でも、それで当日疲労困憊になるのは、私のやりたいこととはちょっと違う…。

私の中では勝手に 「毎年違う物を作らなきゃいけない、レベルアップしなきゃいけない」という思い込みがあったようですが、家族の誰もそんなことは求めていませんでした。 

むしろ飽きない人たちなので、美味しいと思ったものはリピートでリクエストがきます。 

だからもう、クリスマスのメニューは固定化して一から考えない!

それ以来、我が家のクリスマスメニューは 【ビーフシチュー・サーモンか生ハムのマリネ・サラダ・前菜数種類(市販)・パン・ケーキ】 となりました。 

最近娘と主人の食欲が増しているので、今年はもう一品追加の必要がありそうですが、それも私が負担を感じない範囲で。 

基本のメニューが決まっているので、追加が必要でもとっても気持ちが楽なのです。

毎年変わりばえしないとも言えますが「クリスマスといえばあれだったよね」と、家族の定番として記憶に残ってくれたら嬉しいなと思います。

■年末年始のお惣菜は、写真をに助けてもらって考えない!

年末は毎年私の実家に1泊で帰省をします。 

料理好きな母から何も準備してこなくていいと言われるのですが、娘の手前もあり、料理が苦手な私なりになんやかんやお惣菜を作って持参します。 

けれど、頑張りたい反面、「何を作るか」を考えるのが私にとっては一仕事。

そのための時間を作っていたほどでした。 

今はもう、メニューを一から考える事は手放し!

その助けとなるのが、前年の記録(写真)です。

これがあると一からメニューを考える必要がありません。

決まっているものを作るのと、何を作るかを考えるのから始めるのでは必要なエネルギーは雲泥の差ですね。

というわけで、ここ数年は実家で盛り付けをした後の写真撮影を欠かしません。

大晦日当日に食べるとは限らないので写真をもとに

  • 日持ちすること
  • 私の作り易さ
  • 娘のリクエスト

などを考慮しながら、最終決定!毎年ほぼ変わりません。 

12月中に実家に遊びに行くタイミングで母とザックリ相談してくるのですが、写真を活用するお陰で、年々準備が気楽になってきています。

お歳暮・クリスマスメニュー・年末年始のお惣菜。

私が一から考える事を手放した3つの行事はいかがでしたでしょうか? 

家族が集う楽しい行事の多いこの時期、 あなたの『楽』を見つけて笑顔の時間をお過ごしくださいね!

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように。


次回は12月23日、【かさばる歯ブラシストックを省スペース化!】をお届けいたします。

そう広くない洗面室の収納スペースを、有効に活用したい!そのためのひとつとして、スタッフ宅の歯ブラシストックの収納をご紹介。省スペースで在庫管理もしやすい、家族にもわかりやすい!

ママがラクになる収納テクを、お楽しみに!

※\くらしのよみもの/は12月25日より開始のメンテナンスのため、次回が年内最後の配信となります。


天田 真帆

家族に寄り添う収納アイディアが好評!
クローゼットオーガナイザー・骨格スタイルアドバイザーとして、ファッションから暮らしを彩るアドバイスをお届けしている。

ブログ:『似合う!好き!楽しい!から作る あなたのためのクローゼット』骨格診断・クローゼット整理【埼玉・志木】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
皆様のおうちにはゴミ…