その他

診察券まとめアプリで、荷物と管理をスッキリ!

おはようございます。天田真帆です。

季節の変化を感じるこの時期ですが、ご家族の体調はいかがでしょうか?

アラフォーの私は、ちょっと疲れが溜まると歯やお肌に如実に不調が現れます。

外出先での急な不調、お子様の急な体調不良…。

その度に、たくさんある自分と家族の診察券を管理するのは大変ですよね。

そこで最近、外出時の不調にもスムーズに対応できるように診察券のまとめアプリを取り入れました!本日は、その際に感じたメリット・デメリットをお伝えします。

■スマホと診察券だけで簡単登録!

私が試したのはスマホアプリ『EPARKデジタル診察券』です。



こちらは紙病院の診察券データをまとめて管理ができるアプリ。

診察券をスマホで撮影するだけで病院情報が連携。アプリから診察予約も可能です。

更には名前と患者番号が分かれば病院がカルテと照合してくれるとのこと。

登録の手順は簡単な3ステップでした。



  1. 名前等を登録
  2. 診察券の表と裏の写真を撮る
    アプリが診察券から電話番号を読み取る(読み取れない時は手入力)
  3. EPARKに加盟していない病院の場合は、診察番号を手入力

診察券を撮影する際のサポート画面も表示され

難しい作業は一切ありません。



アプリの説明を読み1から登録作業を始めましたが、私1人分の6枚の診察券を登録するのにかかった時間はおよそ10分弱。



思いのほかスムーズに進んだので小4の娘の診察券も一緒に登録しました。

データ管理があまり得意でなく仕事の資料も紙に印刷することの多い私ですが、病院ごとにカテゴリー分けされるので登録後も探しやすい!



このお手軽さなら、登録して効果を試す価値はあるのではないかと思います。

■診察券ペーパーレスのメリット

(1)私と娘、2人で12枚の診察券がスマホにまとまるのでスッキリ!

 これまで通院する際は、家族ごとに保険証・診察券・お薬手帳をまとめたポーチを持参していました。



自分のポーチを持って行けば、「あ!お薬手帳忘れた!」なんてうっかりもありません。

ですが、一つの病院に行くのに全部の診察券を持って行くと嵩張る。

特に、娘と一緒に歯医者に通う際などはもうちょっとスマートに管理したいと思っていました。

それが診察券まとめアプリを活用すると、娘と二人で病院に向かう際にも、スマホと保険証(娘は子ども医療受給資格者証)を持参するだけ!

準備するのも楽ですし、身軽です。

外出時の荷物が多くなりがちな乳幼児ママや、お子様が2人以上いらっしゃるママも、紙ベースで管理するよりもアプリ内で検索される方が負担が軽くなるのではないでしょうか?


(2)不調になっても、通っている病院を一から調べる手間無し!

EPARKに加盟している病院はアプリ内から診療受付時間の確認できますし、加盟していない病院も診察券の写真を見ればOK!



出先では特にありがたいですね。

外出や仕事中にお子様の体調不良で連絡が入っても、お迎えに行った足でそのまま病院に直行することも可能!

更に、診察券確認後にスムーズに予約ができるので、通院前の手間が半減します。


(3)病院に行ったのに、薬局が休みだった!なんて時にも安心

EPARKに加盟している病院は、最寄りの薬局が表示されるため、万が一いつもの薬局がお休みでも調べる手間なし!

■診察券ペーパーレスのデメリット

(1)個人病院は掲載されていないこともある

全国70万件以上の施設が検索可能とはいえ、個人クリニックや接骨院など、EPARKに登録して掲載されていないところもまだまだあります。私の場合、アプリ登録時に半分の病院の電話番号を手入力しました。



ご自身の通われる病院の登録が少ない程、先ほど挙げたメリットを感じにくくなります。


(2)通院している病院でデジタル受付の可否を確認する必要がある

EPARKへの掲載を検討している段階の病院もあるようです。

私が先日出向いた病院では、お試し期間として3ヶ月だけ運用。期間後は継続されないとのことでした。

診察券を登録後、アプリ内で詳細が表示される病院でも、受付の際にデジタル診察券利用の可否を確認することをオススメします。


(3)診察券の形状によっては現物の持参が必要と想定されるところも

大学病院など再来の受付を機械で行うところでは、診察券を機械に差し込んで処理される為、デジタル診察券での対応が難しいのではないかという印象があります。

いかがでしたでしょうか?

お世話になっている病院の全てが対応しているわけではありませんが

身軽・突発の際の対応もスムーズにできそうというメリットはやはり大きいように感じました。

個人が管理するものが増えた今、紙とデジタルを上手に使い分けて、心地よく管理をしていきたいですね。

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように。


次回は4月27日、【来シーズンもすぐ着れる!お気に入りのための衣替えのコツ】をお届けいたします。
かさばるコートやデリケートなニット…クローゼットの衣替えはちょっと面倒なものの一つ。でも!ちょっと家時間の取れる今年の春は、衣替えに一手間かけてみませんか?お気に入りの洋服が、秋にまた気持ちよく着られますよ!
お楽しみに!


天田 真帆

家族に寄り添う収納アイディアが好評!
クローゼットオーガナイザー・骨格スタイルアドバイザーとして、ファッションから暮らしを彩るアドバイスをお届けしている。

ブログ:『似合う!好き!楽しい!から作る あなたのためのクローゼット』骨格診断・クローゼット整理【埼玉・志木】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
洗濯機を回す事と干す…