洗面・水回り

洗濯機を買い替えました。そのタイミングと狙いどき

おはようございます。天田真帆です。 

暑い夏は洗濯物が多く、洗濯機も毎日フル稼働ですね。 我が家は、今年の6月末に洗濯機を買い替えました。 壊れる前に買い替えに踏み切ったのは、その時がベストなタイミングだと判断したからです。 

大型家電は比較的長く使用するものが多いですが、中でも洗濯機は買い替えのタイミングが大事!本日は洗濯機の買い替え時に意識したい3つポイントをお伝えします。 

説明がありません

■洗濯機の寿命 

まず買い替えの目安にしたいのが、洗濯機の寿命です。 

洗濯機がどのくらいの期間使えるかご存知ですか? 我が家が前回洗濯機を買い替えた際に担当して下さったお店の方は、洗濯機の寿命を7年くらいとみることを勧めてくれました。 そこを基準に、日に2、3回洗濯されるご家庭はもっと短く、回す回数が少ないご家庭では長くなるそうです。 

この寿命の目安は、取扱説明書に記載されている「補修用性能部品の保有期間」を参考にすることもできます。 

説明がありません



「補修用性能部品の保有期間」とは、会社がその製品の製造を打ち切り後にどのくらいパーツを保有しているかを表すものです。 商品の製造は終了しても、その期間はパーツを保有して対応してくれるということは、製造した会社ではその間は少なくとも対応が必要な期間と認識されているという事ですね。 

実際、我が家の洗濯機は結婚時に購入した1代目が5年半。そして、今回の買い替え前に使っていた2代目が7年と数か月使用しました。 

1代目は娘の保育園期間の最も洗濯枚数の多い時期をカバーしており、日に1~2回のペース。そして2代目は娘の小学校入学と共に洗濯回数が減り、平日に1回+週末に2回回す日があるくらい。 

店員さんに教えていただいた、概ね7年の見込みは適正だと感じています。 

我が家の2代目の洗濯機は日々問題なく働いてくれていたのですが、洗濯担当の夫から時折変な音がしているとの声が。 

毎日洗濯したい夫。そして、車を持たず歩いて行ける範囲にコインランドリーが無い我が家では洗濯機が壊れると一大事!洗濯機の寿命を見越して、早めの買い替えに踏み切ることとなりました。 

■家族の成長と洗濯機のサイズ 

次にチェックしたいのが、家族の成長と洗濯物の量です。 

説明がありません



私と夫と小6の娘の3人家族の我が家。 洗濯物の量は、娘の成長と共に変化してきました。 

保育園までは服のサイズは小さいものの、洗う枚数が多いですね。 小学校入学以降は枚数が減りましたが、1枚のサイズが大きくなってきたので量はとんとんぐらい。 その娘もこの春小6になり、大人と変わらぬ洋服のサイズになりました。 

つまり、洗濯物の量はほぼ大人3人分。 これまで使っていた7キロ容量の洗濯機では、1回で入りきらない日が増えてきました。 

更にこれから中学・高校と進むことを考えると、私服の洗濯は減る分ジャージなど大物が加わり、これからの7年間は我が家の洗濯物が最も多い時期になる見込み。 

それならば、1回で入りきらない今が、洗濯機の寿命の点からも家族の成長と洗濯機のサイズのバランスから見てもベストと判断し、買い替え決行となりました。 

洗濯機の寿命を7年スパンで計算していくと、次の買い替えは娘の大学等進学時期。 大学生や社会人になればまた洗濯するものも変わってくるので見直しにピッタリのタイミングです。 

その後、夫婦2人になる頃にサイズダウンをすればよいのだと、ザックリですが先の見込みを立てることもできるので、洗濯機の寿命と家族の成長と洗濯機のサイズ、チェックが欠かせないポイントですね。 

■買い替えたくなる時期と機種の入れ替え時 

最後のポイントは、お店の洗濯機の在庫が動く時期です。

 

説明がありません



年末年始のセール期間なども価格が抑えられて購入に良いタイミングですが、注目したいのはそれだけではありません。 

四季が楽しめる日本は洗濯がし易い時期と難しく感じる時期がありますよね。 外に干しても中々乾きにくい冬。そして、ジメジメしてカビの対策も心配な梅雨。 

困る時はみんな一緒。今回我が家は、これまでの二つのポイントに加えて梅雨対策も踏まえた上での買い替えでした、が出だしが遅かった…。 6月最後の土曜日に最初のリサーチに出向いた時には、殆どの機種に「残り僅か」「現品限り」のシールが貼られていました。 

早々に決断が必要だと感じ、翌日購入に向かいましたが1日でかなりの数が動いており、1日の在庫数の変化に驚きました。1週間先に延ばしていたら狙っていた品物は在庫が無くなっているところでした。 

けれど、欲しい機種の在庫が無いだけならまだいいのです。次の候補を購入すればよいのですから。そうはいかないのが、新旧機種の入れ替え時期。メーカーにより異なるそうですが、洗濯機の機種の入れ替え時期は6~7月なんだそう。 

新機種に入れ替わってしまうと、スペックが大きく変わらなくても価格はそうはいきません。梅雨対策に買い替える際は、色やメーカーにこだわりがある方は4~5月頃から早めにリサーチされると良さそうですね。 

我が家に洗濯機が届いたのは、購入1週間後の7月初めの土曜日。もはや梅雨対策としては完全に出遅れました。売れている時期はその分配送も混雑していますので、配送期間の分もゆとりをお忘れなく! 

大きな出費でもある大洗濯機の買い替え。 3つのポイントを押さえて先を見越しつつベストなタイミングで買い替えたいですね。 

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように。 


天田 真帆

家族に寄り添う収納アイディアが好評!
クローゼットオーガナイザー・骨格スタイルアドバイザーとして、ファッションから暮らしを彩るアドバイスをお届けしている。

ブログ:『似合う!好き!楽しい!から作る あなたのためのクローゼット』骨格診断・クローゼット整理【埼玉・志木】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
ちょっとのコツで、洗…