クローゼット

1度着たけどまだ洗わない洋服、どこに置く?

 おはようございます、コラムスタッフの後藤佐知子です。

お洋服を洗う頻度ってどれくらいですか?

もちろん着る人、お洋服、季節によっても違いますよね。

私は、ニット、スカートなどのいわゆるオフィスカジュアル的な洋服やパジャマなどは 1度着ただけでは洗わないので、それらを置く定位置を決めています。

さすがに着ていないものと隣り合わせにするのは少し抵抗があるので、専用の場所を設けています。 

■定位置を決め、軽くたたむだけ!

よく耳にするのが「子供の洋服が散乱していて、着たものか、洗った物かがわからないんです。」

着ていないお母さんが判別するのは難しいですし、なんなら着た本人ですらわからなくなっていることありますよね。 

定位置が決まっていると、その「わからない」がなくなります。

洗った洋服はこちら、1度着た洋服はここ。一目瞭然です!

私の一度着たけどまだ洗わない洋服の定位置は、クローゼットの中に置かれた水色のカゴの中です。 

扉を開けるとすぐ手間にあります。

わかりづらいと思いますので、アップの写真がこちらです。

キレイにたたまず、気持ちたたんでいる風で投げ込んでいます。

普段から洋服は「投げ込む」か「ハンガーを使う」かのどちらかでたたむということをほぼしていませんので、こちらも同じ方法をとっています。 


■シワになりやすいものはひと手間かける

「投げ込み」だとシワがついてしまいますので こちらのカゴに入れるのは「シワになりにくいモノ」もしくは「シワになってもいいモノ」です。

例えば、こんなスカートやニットです。

極力アイロンがけをしたくないので、なるべくシワになりにくい服を選んで買っています。 

でも、すべてをそのような服だけにすることは難しいので… 

シワがつきやすい洋服は、対側のクローゼットの扉の裏側にフックを貼り付け、掛けています。

こちらの扉は手前に家具が置いてあり開けることができないので、この位置にあっても問題なし。

ちなみに私が日々使うモノは扉が開く側で全て完結しているので、扉が開かなくても生活に支障はありません!

■自分が快適な場所ならOK!

理由は、外に出してあるのは見た目が好きではないから。

ただそれだけで「クローゼットの中に定位置を作ったらどうだろう?」と思って ここを仮の定位置にしてみました。

これが想像以上に便利!

毎朝洋服を選ぶときに1度着たものと、そうでない洋服が同じ場所にあるので、コーディネートするのがとてもラクです。

「洗わなくてもいい」と思えるくらいの洋服だから、クローゼットの中でも問題ないかなと思っています。

気が向いたら部屋干しするときに使う消臭スプレーをかけてから、定位置に置くこともあります。

何を気にするかは人それぞれ違うので「自分」が快適であれば、それでOKなのではないでしょうか。  

余談ですが、1人暮らしのときはクローゼットの幅が約80cmとすごく狭かったので ベッドの下に専用のカゴを入れてそこを定位置にしていました。

この時も見えないけど、使い勝手が良い場所ということでベッド下に。

いかがでしたか?

1度着た服をクローゼットにしまうことに抵抗がある方もいると思います。

それはそれでOK!そのご自身の気持ちを大切にして、どこなら自分が納得できるのか考えてみてください。

「クローゼットにしまうのものありなんだ!」と思われたらぜひお試しくださいね!

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように! 


次回は11月4日、【あなたはどうしてS字フックを使いますか?】をお届けいたします。

便利な定番収納グッズのひとつ、S字フック。どこでも、だれでも使いこなせそうなアイテムですが、実は使いづらい…と感じている方もいらっしゃるのをご存知でしょうか?

そこでご紹介するのは、しっかりと目的に合わせた使い方。その活用法の一例をご紹介いたします!

お楽しみに!


後藤 佐知子

自分の好きを大事にした暮らしができる【メリハリ整理収納法】をご提案。
「当たり前」に捉われない、自分らしい工夫やアイディアにファン急増中!

ブログ:住まう人・もの・家にちょうどいい暮らし方~メリハリ整理収納法~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
我が家、3つしかない…