クローゼット

使いやすさは人それぞれ。出し入れ自在のバッグ収納とは

おはようございます、天田真帆です。

在宅時間が長くなると

いつも以上に家の中のことが気になりますね。

お仕事の合間にご自宅の収納を見直している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも、せっかく使いやすい収納を作ったのに、家族が戻してくれない…ということはありませんか?

実はお1人お1人好きなものが違うように、同じ家に暮らすご家族でも「出しやすい・戻しやすい収納」は異なります。

今日は、我が家3人を例に、それぞれの『ラク』に合わせたバッグ収納をご紹介します。

◆ケース1 出し入れがラクじゃないと使わなくなる私の場合

私の手持ちのバッグは10個程。

それを、使用頻度の高さによって2箇所に分けて収納しています。

まず、出かける際にパッと手に取るミニショルダーや、学校や近所へお使いに行く際にザクザク荷物を入れたいトートなど一番よく使うバッグは、S字フックを使ってポールに掛けて収納。



クローゼットの自分のコーナーに行けば必然的に視界に入るので、取り出すのも戻すのも楽々です。

一方、仕事の打ち合わせや友人と出かける際などちょっと綺麗目の装いに合わせる使用頻度が中程度のバッグ達は、棚の上に立てて収納。



こちらは出し入れの際に背伸びをする必要がありますが、先ほどのバッグに比べて出番が少ないため手間には感じません。

使用頻度が低いバッグは、不織布や付属のカバーをかけておくとホコリ除けになりスッキリ度もアップします。

けれど私の場合、カバーを外すことが面倒で手に取らなくなってしまったので、カバー無しで収めることに落ち着きました。

自分のスペースは、とことん「私のラク」を追求しています。

◆ケース2 時折もの凄くこだわりを見せる娘の場合

小5の娘も二か所に分けて収納しているのですが、私とは異なり、「サイズ」で分けています。

大きなリュックとトートは衣類の隣に掛けて収納。



一方小さなショルダー類は、衣装ケース最下段の奥が定位置です。



自らこの場所を指定しただけあって、不便はないそう。

衣装ケースを奥まで引き出さないといけないため、出し入れが面倒なのではと心配もしましたが、そんな必要はありませんでした。

どこに収めるとラクに感じるかは、本当に人それぞれですね。

◆ケース3 毎日使うバッグは出しっぱなしにしておきたい夫の場合 

プライベートの荷物は基本パンツのポケットで事足りる我が家の夫。

所有しているバッグは旅行用を含めても4つとミニマルです。

その彼が毎日使う通勤バッグはなんと、玄関に直置きです!



現在のマンションに引っ越した当初、どうしてもこの置き場に抵抗を感じた私。

クローゼット内のバッグ置き場に戻して欲しいと何度か伝えましたが、数日経つと元通り…

どうにかいい仕組みはないかとあれこれ考えているうちに、玄関にバッグが置かれるのは一日の中で大した時間ではないことに気が付きました。

しかもそのうち6~7時間は寝ている時間なので目にも入らない!

私自身、生活の中ではストレスをあまり感じていなかったということで、夫の通勤バッグは週末にクローゼットの定位置に戻っていれば平日は玄関直置きOK!で落ち着きました。



「何でもかんでも戻して!」ではなく、どこまでなら歩み寄れるかを探してみるとお互いラクになりますね。

そして、その他の夫のバッグ収納はこちらの2箇所。



左のボックスは蓋を開ける必要があるため使用頻度の低い旅行バッグ。

それよりは頻度の高いショルダーバッグを右の引出しに収めているようです。

スペースさえ守ってもらえれば、基本的に私はノータッチ。

相談されればもちろん手伝いますが、必要以上に口を出さないことも私のルールとしています。

その分、共有で使うクローゼットやリビングでは、どこが誰のスペースなのかをきっちりと分けています。

こうすることで「自分の物を収められるのはここまで」という範囲がお互いに分かるので、お互いの場所を侵食するトラブル防止になっています。

三者三様の我が家のバッグ収納はいかがでしたでしょうか?

綺麗な収納は見た目にとても快適ですが、先ず大事なのはあなたとご家族がラクに・気持ちよく出し入れできること!

我が家の収納から何か拾えるところがありましたら嬉しいです。

その他のバッグ収納のアイディアはこちらもご覧ください。

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように!


天田 真帆

家族に寄り添う収納アイディアが好評!
クローゼットオーガナイザー・骨格スタイルアドバイザーとして、ファッションから暮らしを彩るアドバイスをお届けしている。

ブログ:『似合う!好き!楽しい!から作る あなたのためのクローゼット』骨格診断・クローゼット整理【埼玉・志木】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
最近になって改めて「…