キッズ

誰が準備しても手間なし・忘れ物なしの登園準備の仕組み

おはようございます!こせき みほです。 

幼稚園・保育園の登園準備、どうしていますか? なんだか持ち物が多そう・・・と怯みますが、毎日持っていくモノや収納の仕組みを作ると考える作業はぐっとラクに。 

本日は、0歳から登園している我が家の、誰でも登園準備がしやすい仕組みをご紹介します。 

支度が1ヶ所で完結する仕組み 

登園準備はママだけの仕事ではありません! 誰でも準備がスムーズにできるように、持ち物はできるだけ1ヶ所に集合! 我が家は「娘の準備BOX」をリビング収納の一角に用意しています。 

変化はありましたが、「準備BOX」は基本的に仕切りのない投げ入れOKの箱。 こちらは、娘が0歳児の頃の様子。棚左手のグリーンの引き出しとその下のボックスの2つを用意しました。 



箱の中身はこんな感じ。 

オムツ、カトラリー、タオル、エプロン、着替え。保育園で必要なものはなんでもこの中へポイ!タオルも2つ折り程度にしか畳みません。 洗濯済・洗浄済なので一緒で大丈夫。 



ここから必要なモノをバッグに詰め、用意ができたバッグは下の大きなボックスに入れて用意は完了です! 

3歳となった現在は荷物・着替えともに減ってきて、準備ボックスも大きめのボックス一つに。中を紙袋で仕切って洗濯済タオルを入れています。 



夏のプールバックも、同じ場所にむぎゅっと入れて翌日に備えます。 

布団カバー・パジャマなどを持ち帰った金曜日の洗濯後はこんな感じ。溢れていますね〜 



でも、一度タンスにしまうと忘れちゃうので、これでOK! すべてのモノが洗濯終了したらバックにつめて完成です。

 

■「準備するものリスト」で忘れ物知らずの仕組み 

さらに、「準備するモノリスト」を作成したことで、誰が用意をしても忘れ物知らずに! 



リストはクリアファイルに入れて、持ち物と一緒に保管します。 このリストを見ながら準備すれば、忙しい時でも忘れ物なし。 リストの代わりに写真で持ち物一覧を作るのも一つの方法です。 

こちらは下の子出産時、息子の登園準備を、義両親に手伝ってもらうために用意した写真。 



支度に慣れていない人でも、写真があれば伝わりやすいですね。 まだ文字の読めないお子様にもピッタリです。 

定量管理で探さない仕組み 

保育園では、エプロンや着替えなど、毎日用意するモノがたくさん!足りなくなったらどうしよう…とついたくさんの予備をお持ちではないですか? 

忙しいママにこそ知ってもらいたいのが、自分にとって「管理しやすい量」。管理するべき量が減れば時間も手間も減り、支度もラクになるんです。 

我が家では、毎日洗濯・乾燥するので、タオルやエプロンは1日分×2セットあれば十分。予備として新品をもう1日分だけ用意して、緊急用にしています。 

  1. 帰宅したら、鞄からタオル等の洗い物をだす 
  2. 準備BOXに入っている、次の日のタオル等を鞄に詰める。 
  3. 鞄を収納場所へ置く。 
  4. タオル等の洗濯が完了したら、準備BOXへスタンバイ。 

毎日この1〜4の繰り返し。 

だから毎日必要なモノは、鞄の中・洗濯中・準備BOXのどこかにしかありません。 探すべき場所が少ないのも、準備がラクなポイントです! 洗濯状況に応じて、ご自身が管理がしやすい数を見つけてくださいね。 

■成長にあわせて仕組みを変化 

0歳から保育園に通っていると、成長の著しい子どもに合わせた持ち物の変化が度々あります。 

  • 0歳児クラス 
    哺乳瓶やガーゼなど荷物が多い。 
    離乳食の進み具合や離乳状況、コップ飲みの練習などで持ち物にも変化あり。 
  • 1歳児クラス
     哺乳瓶はなくなり、食具も自分で使うようになり、ちょっと落ち着く。 
  • 2歳児クラス 
    トイレの練習が始まり、パンツ・お着替えの持ち物が多くなる。 

ざっとこんな経過がありました。 

2歳児クラス後半になってから変更したことは以下2点。 

  1. 保育園用のコップとカトラリーの場所をキッチンの引き出しに変更。
     →自分でもコップとカトラリーを出せるようになった。 
  2. オムツの保管場所を変更。 
    →園ではほぼ使用しなくなったので、準備BOXからは撤去。 

大切なのは、お子様の「今」に収納や仕組みを合わせること。今までうまくいっていた仕組みに使いづらさを感じ始めたら、収納の見直しが必要かもしれません。 

もちろん、場所や仕組みを変更したら家族内での情報共有を忘れずに! 

我が家は全部を1ヶ所にまとめる簡単な「準備BOX」で登園準備を仕組み化していますが、アイテム別の収納がいい!全部1ヶ所にあるのがいい!それぞれのご家庭で管理しやすいパターンがあるはず。 

持ち物も園によって様々ですし、試行錯誤しても大丈夫。少しずつ形を変えながらしっくりくる仕組みを見つけてくださいね。 

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように! 


こせき みほ

子育て真っ盛り!面倒くさがりだからこその時短家事アイディアが豊富。アドラー心理学の勇気づけ講座も開催中。

ブログ:まいにち楽にのほほんと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
お子さまの成長が見ら…