キッズ

帰宅後はストレスフリー! 『やることボード』で親子のイライラにサヨウナラ

おはようございます、川井未来です。 

「ほらー!!ランドセルこんなところに置いておかないで!!」 
「靴下は脱ぎっぱなしにしない!!」 
「宿題終わったの?」 
「食べ終わったら、お皿運んで!!」 
「明日の用意はした?時間割は?給食セットは?」 

あまりガミガミ言いたくないけれど、子どもがあまりにもやらなさ過ぎて、心配になり、ついつい口をだしてしまう・・・そんな経験ありませんか? 帰宅後、子どもにやってもらいたい事って、結構たくさんありますよね。 

そこで今日は、我が家で取り入れている 、子どもが自分で動く!イライラしない仕組み作りをお伝えします。 

image_6483441.JPG

その1:やってほしい事をリストアップ 

まず、子どもに家に帰ってきてから、やってほしい事をリストアップします。 

我が家の場合は・・・・ 

  • ランドセルをしまう 
  • 給食セットを出す 
  • プリント、連絡帳を出す 
  • 水筒を出す 
  • 脱いだ靴下を洗濯に出す 
  • 宿題 
  • 音読 
  • ご飯 
  • 食べた食器をキッチンに持っていく 
  • 歯磨き 
  • お風呂 
  • 脱いだ服を洗濯へ出す 
  • パジャマに着替える 
  • 明日の着替えを用意する 
  • 寝る前のトイレ 

などでしょうか。 

ここでのポイントは2つ。 1つ目はタスクを多くし過ぎないこと。 やってほしいことはいっぱいありますが、欲張らない。 あんまり多いと、大人と同じ様に子どももやる気をなくします。 

もう一つのポイントは、「ご飯を食べる」や、「お風呂の後パジャマに着替える」など、 簡単に出来ることを混ぜておくことです。 簡単にやれるものが多いと、子どもはちょっとやる気がアップします。 

その2:やることボードの作成  

リストアップした項目で、やることボードを作っていきます。 

こちらの記事でスタッフ森が作成していた『準備ボード』。マグネットを「準備物」から「やること」に変えれば、あっという間にやることボードの出来上がりです。 

image_6487327.JPG



ボードを左右に分け、準備ができたら“できたよゾーン”にマグネットを移動させていた「準備ボード」。ここでは、表と裏で色が違う両面マグネットに、テプラで作ったやることのシールを貼り、子どもがやったら、ひっくり返す・・・という仕組みに。 

達成したものは、ひっくり返して色が変わっているので、やったものとやっていないものが、 一目でわかります。 

また、やることが、一覧になっていることによって、子どもも、言われなくても自分が何をやらないといけないのかがわかります。 次の日は、達成したものを、ひっくり返して、元にもどしていきます。 

では、早速【やることボード】を作っていきましょう。 

【用意するもの】 

image_67220737.JPG


  • マグネットボード 
  • 両面マグネット(裏と表で色が違うもの) 
  • ラベルライターと透明テープ 

マグネットボードと両面マグネットは、100円ショップで購入できます。 

【作り方】 

  1. ラベルライターで、先ほど出した子どもにやってほしいリストの項目を各2枚ずつ作っていきます。(表用と裏用です) 
    ※この時、まだ、習っていない漢字は、使用しないように気を付けましょう。
  2. 印刷したシールを両面マグネットに貼ります。 

やったら、ひっくり返すだけ。やることボードの完成です!! 

image_123923953 (2).JPG



最近は、100円ショップでも、【やること・することマグネット】が購入可能。それを元に、足りない項目の分だけ自作すれば、もっと簡単に作れますね。 

最初のうちは、一緒にやってあげましょう。 慣れてきたら、最初の声掛けだけに。 我が家は、兄弟二人で、どちらが先に全部ひっくり返るか、など競争してやっていることも多いです。 

その3:やったら褒める 

やらないと怒られるのに、やっても何も言われない。 むしろ、そのやり方やタイミングが遅いと怒られる時もある。 

これでは、大人でもやりたくなくなってしまいますよね。 だからこそ、当たり前のことでもできた時の声がけがとっても大事なんです! これは、片づけでも同じこと。 声に出して伝えることが大切です。 

「すごく早く終わったね」と褒めてあげたり、 「食器をもってきてくれてありがとう。とっても助かるよー」と感謝したり、 「これで、明日の準備はばっちりだね」と、結果を共有したり、驚いたり・・・ ママは、時には女優になることも必要ですね。 

長男は、最初にきちんと置いた方が、後からいちいち片づけるよりも早いと気が付いたのか、 ランドセルは帰宅したら、定位置に戻すことが、すっかり習慣になりました。 

この仕組みを作ってからは、脱いだ靴下が床に転がっていたとしても、 後でボードを見たときに直してくれるから、とおおらかに見ていられるようになり、 イライラが減りました。 

image_123923953.JPG



子どものやりっ放しをなんとかしたい!!と思っている方の参考になればうれしいです。 

毎日が快適に、ちょっと素敵な日々になりますように。 


川井 未来

元片づけ下手でちょっとズボラ。だからこそ、どんな人でも”ラクに快適に”暮らせるコツがお伝えできると思っています!

ブログ:https://ameblo.jp/xao1834/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事
朝は何かとバタバタし…